たけのこの上手なむき方を伝授!余ったときの保存方法も

たけのこがスーパーに出回ると、春になったなあと感じますよね。自分で茹でて皮をむくとおいしいですが、やったことがない方も多いのでは。今回は初めての方でも上手に下ごしらえができる、たけのこのむき方をご紹介します。おすすめレシピも必見ですよ!

2018年4月1日 更新

たけのこの基本のむき方

皮むきがされたたけのこ

Photo by migicco

ここでは、基本的なたけのこの皮のむき方をご紹介します。水煮に比べて手間はかかりますが、香りや歯ごたえはやはり段違い。旬のおいしさを味わうためのひと手間を、時間をとって楽しんでみてはいかがでしょうか。

「皮をむきすぎて、可食部が必要以上に小さくなってしまったらどうしよう」と不安になりますが、むける皮は全てむいてしまってOK。外側の皮は、思い切って数枚まとめてむいてしまってくださいね。

きれいに皮をむいたたけのこは、冷蔵庫で数日保存が可能。まとめて茹でて皮をむき、少しずつ味わうのもおすすめですよ♪

たけのこの皮むきに必要な材料・器具

たけのこ3つ

Photo by migicco

米ぬか入りのお湯で下茹でし、あく抜きが済んだたけのこを準備しましょう。必要な器具は包丁と保存容器です。

保存容器は大きめで、ふたが密閉できるものを用意してください。

また、下茹での際に出た茹で汁は、むいたあとのたけのこを保管するのに使います。捨てずにとっておいてくださいね♪

たけのこの皮のむき方

1. まずは外側の皮を、5枚ほどまとめてむきます。下茹での際に入れておいた切り込みに指をかけ、茶色い毛の生えた皮を全部むきましょう。

切り込みの間から米ぬかが出てきたときは、その都度水洗いしましょう。
向いている様子

Photo by migicco

2. 皮の茶色が薄くなってきたら、2〜3枚ずつ、皮の色を見ながらむいていきます。茶色い部分がなくなり、たけのこの先が黄色くなったらそこで皮むきを終えましょう。

先ほどのように5枚前後一気にむいてしまうと、むきすぎになることもありますので、ここは慎重に少しずつむきます。
むいている様子

Photo by migicco

3. 先に少しだけ茶色い部分が残った場合は、包丁で切り落とします。
切り落とした状態

Photo by migicco

4. 根元に残った皮のかけらや突起は、残しておくとえぐみの原因になることも。包丁で削ぎ落としておきましょう。

なお、掘りたてのたけのこはやわらかくえぐみが少ないので、根元の突起を残しておいてもおいしくいただけますよ。掘りたてをいただいた場合などはこの手順を省略してもOKです。
むいている様子

Photo by migicco

皮をむくときのコツ

・下茹での際に、皮にタテの切れ込みを入れて、皮をむきやすくしておきましょう。

・どこまでむいていいか迷ったら、とりあえず茶色い皮を全てむいてしまえば間違いはありません。上で紹介したように、先端のみ少し茶色が残っている場合は、包丁で切り落としてもOKです。

なお、たけのこの先端にある、繊維質の少ない柔らかい薄皮は「姫皮」と呼ばれます。汁物の具や和え物、鮮度のいいものはお刺身でも食べられる部分ですよ♪
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう