お家で手作り♪ 本格カルツォーネの作り方&アレンジレシピ5選

イタリア語で「包む」という意味の「カルツォーネ」カルツォーネとは、生地をトマトやモッツァレラチーズなどで包んで焼く月型のイタリア料理です。レストランなどで食べる人もいますが、お家でも作ることができるんですよ。そこで、カルツォーネの詳しい作り方と人気アレンジを5つご紹介します。

2019年6月19日 更新

生地

・強力粉……150g
・薄力粉……100g
・インスタントドライイースト……小さじ1杯
・砂糖……小さじ1杯
・塩……小さじ1/3杯
・オリーブオイル……大さじ1杯
・ぬるま湯(37℃くらい)……150cc~

具材

・トマトソース……100g
・ピザ用チーズ……50g
・バジル……5~6枚

作り方

1. 生地をスケッパーでまとめる
生地をスケッパーでまとめている様子

Photo by lanne_mm

ボウルに強力粉と薄力粉、砂糖、インスタントドライイースト、塩を入れます。そこに用意しておいたぬるま湯を入れます。スケッパーを使って、生地をひとまとまりにしてください。
2. オリーブオイルを加える
オリーブオイルを加えたあとの生地

Photo by lanne_mm

ひとまとまりになったらオリーブオイルを加え、さらにひとまとまりになじませます。
3. 生地をこねる
生地をこねている様子

Photo by lanne_mm

生地を作業台に取り出し、表面がなめらかになるまでしっかりこねます。表面がぼそっとした感じから、なめらかにピンと張るまでこねましょう。
4. 発酵をする
生地をまとめたあとの様子

Photo by lanne_mm

こね終わったら生地を丸め、耐熱ボウルに入れます。ラップをし、電子レンジの発酵機能があれば、そちらで40分ほど発酵させてください。常温で発酵する場合は60分以上発酵させます。生地の大きさが2倍に膨らむまでが目安です!
5. フィンガーテストをする
ガラスのボウルに入った生地をフィンガーテストした様子

Photo by lanne_mm

生地が2倍の大きさになっていたらOKです。人差し指に強力粉をつけて、生地に人差し指をさす「フィンガーテスト」をします。穴が開いたまま戻らなかったら発酵完了。ここでオーブンの予熱を230℃に設定しておきましょう。
6. ガス抜きをする
ガス抜きをしている様子

Photo by lanne_mm

生地の上からグーでポンポンと軽く押して、ガスを抜きます。
7. 分割する
分割したあとの様子

Photo by lanne_mm

4~5等分に分けます。焼いたあとの形や大きさが同じになるように、はかりで計って分割するのがおすすめです。
8. ベンチタイム
生地を休ませている様子

Photo by lanne_mm

分割した生地を丸め直し、その上に乾燥しないよう濡れ布巾をかぶせて、生地を10分ほど休ませてください。これを「ベンチタイム」と言います。
9. 成形する
生地に具材をのせている様子

Photo by lanne_mm

生地を綿棒で15cm以上の円形に伸ばします。生地がひっつくときは強力粉で打ち粉をしましょう。下半分にトマトソースを塗り、チーズ、バジルをのせます。ふち1cmは具材をのせないようにしてくださいね。トマトソースが水っぽいと包みづらいので、小鍋で煮詰めて汁気を飛ばしてください。
生地を成形している様子

Photo by lanne_mm

生地を手前に、1cm幅を開けて折りたたみます。
折りたたんでいる様子

Photo by lanne_mm

重ねた下側の生地を上に持ち上げて、ギュッと口を閉じていきます。
フォークで形をつけている様子

Photo by lanne_mm

閉じた部分にフォークを使って、形をつけます。
10. オーブンで焼く
オーブンで焼く前の様子

Photo by lanne_mm

クッキングシートを敷いた天板にのせて、生地の表面に分量外のオリーブオイルをハケで塗ってください。230℃に予熱しておいたオーブンで10~15分ほど焼いたらできあがりです。

完成

盛り付けされたカルツォーネ

Photo by lanne_mm

こんがりと焼き目がついたら完成の合図です。サクサクの生地の中から、トマトとチーズの濃厚なフィリングが登場!ぜひ、焼きたてのアツアツを味わってみてくださいね♪
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう