食感プリプリ!豪華エビチリの基本の作り方と簡単レシピ3選

ご飯もお酒もすすむ!中華の人気メニュー「エビチリ」は、ぜひ覚えておきたい定番レシピですね。艶っぽくプリプリに仕上がったエビに、ピリ辛の甘いソースがよく合います。今回は下処理を丁寧にした基本の作り方と、時短レシピをあわせてご紹介します♪

2019年2月12日 更新

エビチリの簡単レシピ

エビチリの写真

Photo by ako0811

豆板醤とケチャップを組み合わせた甘酸っぱいピリ辛味が魅力のエビチリ、おうちご飯でも外食でもファンの多いメニューです。エビの香り、うまみを最大限に活かすには丁寧な下ごしらえが一番大切です。基本の作り方では、順をおってエビの扱い方をご説明します。臭みなくプリッとした歯ごたえは片栗粉、卵白がキーポイント♪

見た目にも豪華で、冷めてもおいしい!子どもには山もり白米を、大人にはお酒を、アテにもぴったりなのでパーティの持ち寄りにもおすすめですよ。

材料(4人分)

簡単エビチリの材料の写真

Photo by ako0811

えび(大/ブラックタイガーなど) 200g
白ネギ(みじん切り) 10センチ分
にんにく 1片
しょうが 2片
豆板醤 小さじ1
油 大さじ3

■下味
片栗粉 大さじ1
卵白 1個分
油 大さじ1/2
塩 小さじ1/2

■ソース
水 1カップ
トマトケチャップ 大さじ2
酒 大さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1/4

水溶き片栗粉 大さじ2
ごま油 小さじ1

作り方

1. エビを洗い、下処理をします。
簡単エビチリの下処理の写真

Photo by ako0811

エビは殻のまま分量外の片栗粉と塩をまぶして冷水でもみ洗いし、汚れと臭みを取り除きます。水が灰色に濁りますが、数回洗っていると色が出なくなります。
簡単エビチリの下処理の写真

Photo by ako0811

殻を丁寧に取り除きます。殻は後で使うので捨てずに残しておきます。(足の部分以外の大き目の殻だけでOKです。)
簡単エビチリの下処理写真

Photo by ako0811

爪楊枝などで背ワタを取ります。尾先に汚れがたまっている場合がありますので、気になる方はななめにカットしておくとより美しい仕上がりになります。
下処理が終われば、さっと水洗いしキッチンペーパーで余分な水分を取り除いておきましょう
2. エビに下味をつけます。
簡単エビチリの下ごしらえの写真

Photo by ako0811

エビに、下味の材料(片栗粉、卵白、油、塩)を加えてよくもみこみます。
3. エビを炒め、取り出します。
簡単エビチリの工程写真

Photo by ako0811

フライパンに大さじ2の油をひき、エビの殻を炒めます。こうすることで油にエビの香りがしっかりとつきます。

※時間のない方は省いても良い工程です。
簡単エビチリの工程写真

Photo by ako0811

殻を取り出し、次に下味をつけたエビを並べて両面を1分程度軽く焼きます。
卵白でコーティングされたエビは触れすぎるとボロボロと衣が剥がれ見た目が汚くなります。両面焼き色がつくまで触れずにおきましょう。
簡単エビチリの工程写真

Photo by ako0811

バットに取り出しておきます。
4. エビチリのソースを作ります。
簡単エビチリの工程写真

Photo by ako0811

フライパンをペーパータオルでさっと拭き、油大さじ1/2を足します。みじん切りにしたにんにく、しょうが、豆板醤を加えて香りが出るまで弱火でじっくり炒めましょう。

※辛みは豆板醤の分量で決まります。お子様が食べられる場合は少な目に、お酒のアテには少し大目にしても良いでしょう。
簡単エビチリの工程写真

Photo by ako0811

あらかじめソースの材料を合わせておきます。にんにくなどの香りが出たら、ソースを加えフツフツとするまで煮立たせます。
5. エビを戻し、味を調えます。
簡単エビチリの工程写真

Photo by ako0811

煮立ったソースの中に、取り出しておいたエビを戻し、1分ほどゆっくり火を通します。衣がはがれやすいので、エビには触れずに温める程度のイメージで加熱します。
エビチリの調理写真

Photo by ako0811

一度火を止め、1:1で溶いた水溶き片栗粉、みじん切りにした白ネギを加えます。
6. ごま油をふって完成です。
エビチリの工程写真

Photo by ako0811

弱火にしてフライパンをゆするようにしてトロミをつけます。最後にごま油をまわしかけ風味をつけたら完成です。お好みでお酢をプラスしてもさっぱり感がアップします。プリッとしたエビに、ピリ辛のソースがよく合いますよ♪

作りかたのコツ

1. エビを使った豪華なおかずも、臭みがあっては台無し。エビの下処理はとっても大切です。

2. 調味料の香出しも大切なポイントです。にんにく、しょうが、豆板醤、余裕があればエビの殻もじっくり弱火で加熱することで味が染み出て、油に香りがうつります。少しの手間でワンランクアップしたお味になります。

3. エビを卵白でコーティングすることで、プリッとおいしい歯ごたえになります。卵白の衣がはがれやすくなりますので、エビは終始あまり触れずにやさしく扱いましょう。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう