混ぜるだけでラクラクのライスボール5選

7. カレーとチーズのライスボール

カレーとご飯をボールで混ぜてまんまるに丸めたライスボールです。パン粉とカレーのスパイシーな香りが口にふんわりと広がります。アツアツのご飯とカレーとチーズがベストマッチ!ライスボールを作るために前日のカレーを少し残しておきたくなるようなひと品です。

8. スイートチリソースのライスボール

アジア料理には欠かせないスイートチリソースとパクチーを炊飯器で炊き、コロコロとまるめたライスボールです。スイートチリソースのピリッとした辛みと甘みと酸味がご飯にぴったり!パクチーの爽やかな香りも味に奥ゆきをあたえるいいスパイスになっています。から揚げをトッピングすればエスニック風のキュートなお弁当に!冷蔵庫にスイートチリソースがあればぜひ一度試してみてくださいね♪

9. スイスチャードのライスボール

ごま油とちりめんじゃこを混ぜ込んだご飯におしゃれな西洋野菜スイスチャードを巻いたカラフルでおしゃれなライスボールです。スイスチャードは日本でいう葉物野菜のひとつ。サッと茹でて茎はご飯にも混ぜ込みましょう。 葉っぱを茹でるときはひとつまみの塩を入れるのがポイントです。握ったときに全体の味がキリリと引き締まりますよ。彩りがかわいい葉っぱが特徴なので、インスタ映えまちがいなし!地方の直売所などで見つけたらぜひ試しくださいね♪

10. オムライス風のチーズライスボール

ご飯とケチャップを入れて混ぜチーズの乗せて電子レンジでチン!するだけのお手軽ライスボールです。ご飯が少し余っていたら5分もあれば作ることができますよ。お好みで冷凍のとうもろこしやミックスベジタブルをプラスすると彩りが鮮やかに♪お腹をすかせて帰ってくる食べ盛りのお子さまのおやつにもぴったりです。

11. 鮭とアボカドのライスボール

焼いた鮭とほぐしたアボカドにゴマをトッピングした見た目がかわいいライスボールです。食感のアクセントにくるみを入れることで最後まで飽きることなく召し上がれます。アボカドは変色を防ぐためにレモン汁をかけておくのがポイントです。レモンの程よい酸味がおにぎりをキリッと爽やかな印象に仕上げます♪たくさん作ってピクニックや運動会のお弁当に持っていくのもいいですね◎

ライスボールを作ってみよう!

いかがでしたか?今回は見てかわいい!食べておいしいライスボールのおすすめレシピをご紹介してきました。ご飯とおかずがあれば意外と簡単に作ることができるライスボール。コロコロとしたキュートな見た目はイんスタ映えすること間違いなしのひと品です。小さなお子さまから年配の方までよろこんで食べてもらえるようなレシピばかりですので、ぜひご家庭のあらゆるシーンでご活用くださいね♪
▼いろんなおにぎりに挑戦してみよう!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ