ライター : さく坊

ライター

ヤーコンとは

※画像はイメージです
ヤーコンとは、キク科に属している根菜です。さつまいものような見た目が特徴ですが、シャキシャキとしたジューシーな食感は果物の梨に似ています。

味はほんのりと甘味があり、11月~2月の秋から冬にかけてが旬です。日本では、主に福島県と岩手県で作られています。

生のままサラダにしたり、炒めて食べたりと、調理のバリエーションが豊富。クセのないやさしい味わいだからこそ、いろいろな調味料や食材と合わせやすいですよ。シーンに合わせた料理で味わいましょう。 (※1)

【和え物】ヤーコンを使う人気レシピ5選

1. 酸味をプラス。ヤーコンの梅おかか和え

梅とかつおぶし、水菜で作る爽やかな和え物です。ヤーコンのシャキシャキ食感に、さっぱりとした白だしベースの梅だれがよく合います。ヤーコンの甘みがよく分かるので、はじめてヤーコンを食べる人にもおすすめです。

2. やみつき。ヤーコンのキムチ和え

市販のキムチだれでヤーコンをささっと和えるだけのお手軽レシピです。大根で作るカクテキとは、ひと味違う歯ごたえが楽しめますよ。しっかりめの味付けで、ごはんがすすみます。キムチだれはメーカーによって味が違うため、種類を変えて味の変化を楽しむのもおすすめ。

3. クリーミー。ヤーコンとタイムのヨーグルト和え

レモン果汁、ヨーグルト、タイムなど、常備しているものでぱっと作れるひと品。クリーミーなヨーグルトとヤーコンの甘みを同時に楽しめます。苦みのあるタイムやオリーブオイルを抜くとデザートにもなるメニューです。

4. コク旨。ヤーコンのごまマヨネーズ和え

ヤーコンに、菜の花を合わせるレシピ。マヨネーズをベースに、だししょうゆや白ねりごまなどで香りよく仕上げます。からしを入れるとピリっとアクセントが効くので、箸休めにも最適。菜の花の緑とカニ風味かまぼこの赤が、食卓を彩ります。お弁当のおかずにもぴったりですよ。

5. 彩り鮮やか。ヤーコンのみそマヨペッパー和え

赤パプリカを加える、彩り鮮やかなヤーコンの和え物です。みそとマヨネーズでコクをプラス。粗挽き黒こしょうの香りが、食欲をそそります。

ヤーコンはえぐみを取るために、切ったあと必ず水にさらしましょう。綺麗な小鉢に盛れば、おもてなしに一押しの副菜に。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ