牡蠣醤油のコクうまレシピ15選!オイスターソースとひと味違う!

お刺身や卵かけご飯にぴったりでおいしいと評判の牡蠣醤油は、料理にもたいへん重宝する調味料です。いま注目の牡蠣醤油や牡蠣醤油のりとはどんなものなのでしょうか。「牡蠣醤油」のレシピ10選と「牡蠣醤油のり」のレシピ5選あわせてご紹介します。

2018年11月1日 更新

牡蠣醤油とオイスターソースは違うの?

「牡蠣醤油」とは、牡蠣を加熱して出てきたうま味などのだしを濃縮し、醤油やそのほかの和風だしと合わせて作るだし醤油のことです。広島をはじめ各地の牡蠣が使用され、製造メーカーもいくつかあって、和食の調味料や卓上醤油として最近人気になっています。

一方、牡蠣の濃縮エキスに甘みやうま味調味料を加えて作るのがオイスターソースで、着色料にカラメルが使用され、醤油が入っていないのが特徴。独特のコクと風味を持つ調味料で、中華料理で広く使われることで有名ですね。

牡蠣醤油を使ったおすすめレシピ10選

1. オクラと長芋の牡蠣醤油だし和え

さっとゆでたオクラに長芋のねばねばコンビと、きゅうりが入ったサラダ風のさっぱりした和え物です。白だしをメインにかつおぶしを混ぜ合わせ、牡蠣醤油で味を調えたレシピ。白だしとかつおぶしでしっかりとだしが効いた和え物になっていますが、牡蠣醤油のコクと風味でさらにおいしくいただけます。

2. 和風だしと牡蠣醤油で温かおでん

定番の練り製品をはじめ、牛すじやタコ、ウィンナーも入った盛りだくさんな内容のおでんレシピです。いつもの昆布とかつおのだしだけでも十分においしいですが、牡蠣醤油を加えることで、まるで具に牡蠣が入っているような風味がおでん鍋いっぱいに広がります。ぜひ試してほしい料理のひとつですね。

3. 鶏ひき肉と野菜のくずし豆腐炒め

にんじんやニラ、小松菜に青ねぎのたっぷり野菜と、鶏ひき肉と豆腐の炒り卵炒めです。調味料は牡蠣醤油と砂糖、みりんだけですが、濃厚な牡蠣のコクと風味でおいしさがワンランクアップします。香ばしいごま油と生姜が食欲をそそるひと品で、おかずにもぴったりですし、ご飯にのせて丼にしてもOK♪
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう