バーナーなしで簡単!濃厚すぎる「クレームブリュレ」の作り方

濃厚とろとろなクレームブリュレ、お家で作ってみませんか?表面のカリっとしたキャラメリゼはトースターで作ることができます。今回は、クレームブリュレのシンプルな作り方とアレンジレシピ3選をご紹介します。作り方を覚えておいて損はありませんよ!

2018年10月15日 更新

3. フライパンで濃厚クレームブリュレ

フライパンで蒸し焼きにするクレームブリュレは、オーブンより早く焼き上げることができます。ココットがしっかり入る高さのフライパンで、フタがあるものを使いましょう。火が通りやすいように、ココットは小さめのものを使うのがおすすめです。

ガスバーナーがない場合の、スプーンで焦げ目をつける方法も紹介されているので、そちらもぜひ参考にしてみてくだいね。

お家で本格クレームブリュレをゆっくり堪能

クレームブリュレの写真

Photo by uli04_29

濃厚なクレームブリュレは口溶けが抜群。スプーンですくう時に形を保っているプリン部分も、口に含むとあっという間に舌の上で溶けておいしさだけが残るほど。パリパリの表面を崩しながら食べるのも楽しいですよね。

クレームブリュレを食べる前日の夜などに、クリームを焼き固めて冷蔵庫で冷やしておくのがおすすめ。当日は表面をトースターで焦がすだけで出せるので、パーティーやおもてなしのデザートとして大活躍してくれますよ。

シンプルな材料、シンプルな作り方だからこそ絶品なクレームブリュレを、得意な手作りスイーツに加えてみてはいかがでしょう。きっと、いざというときの強い味方になってくれるはず!
▼こちらのスイーツもおすすめ!
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう