ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

白身魚を使った基本のフライレシピ

魚のフライといえば白身魚が多いですよね。魚はどんな種類でもフライにすればおいしいですが、まずは基本のレシピとしてタイのフライを紹介します。 基本のレシピは至って簡単。タイの切り身の小骨をきれいに取り除き、両面に塩を振って下ごしらえします。 10分程度置いて、キッチンペーパーで切り身の水気をふき取り、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけ、180℃の油で揚げましょう。きつね色になったら油から上げましょう。

味付け自在!白身魚フライレシピ10選

1. タラのサクサクチーズフライ

魚のフライはソースを添えて食べることが多いですが、このレシピは衣にしっかりチーズの味がついているのでソースは必要ありません!下ごしらえで振った塩と、粉チーズの塩分だけでぺろりといけます。 ひと口サイズにカットして作り、お弁当のおかずにするのもおすすめですよ。

2. フィッシュ&チップス

フィッシュ&チップスは、イギリスを代表する料理です。ほくほくの白身魚とポテトのフライは揚げたてが一番!白身魚なら何でもOKですが、カレイやタラがおすすめです。サクサクに仕上げるコツはしっかり衣をつけること。 完成したらレモンを絞ってアツアツを召し上がれ♪

3. メカジキのスティックフライ

マグロの一種と思われがちのメカジキですが、別物です。メカジキの身はぼそぼそしておいしくない……という方もいますが、脂がのったメカジキはとってもおいしいんです! スティック状にして、衣にカレー粉を混ぜれば、子どもでもパクパク食べやすくなりますよ。ちょっとしたおつまみにもおすすめです♪

4. タラのチリマヨフライ

ひと口大にして揚げたタラのフライに、オリジナルのチリマヨソースを添えたレシピです。 チリソースとマヨネーズを合わせたピリ辛なソースには、隠し味に練乳が。フライがカラッと揚がったらすぐにソースに絡めるのがポイント。甘辛いソースが食欲をそそります!

5. 鮭フライのオーロラタルタルソース

ピンク、オレンジ色の身が特徴の鮭。実は白身魚だとご存知でしたか?身が赤身に見えるのは、鮭が食べる餌に含まれるアスタキサンチンが影響しているんです。 さて、シンプルな焼き魚やホイル蒸しが定番の鮭ですが、フライにしてもおいしいんです。タルタルソースはアレンジを加えてオーロラソース。お試しあれ♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS