ライター : y_nakagawa

おいしい物、おいしいお店、便利なキッチンアイテム。グルメにまつわるいろいろをお届けします。

牛テールの下ごしらえの方法は?

「牛テール」は、スープはもちろんのこと、煮込みやカレーなど、さまざまなシーンに活躍してくれる魅力的な食材。けれども料理をつくる前に、ちょっとした下ごしらえが必要です。ここでは、その下ごしらえの方法についてご紹介しましょう♪ 1. 必ず水からゆでて、5分から10分くらい沸騰させます。 2. 下ゆでした煮汁を捨てます。牛テールはザルにあげて、流水で表面に残った血などを洗い流しましょう。 3.下ゆでが終わったら、新しく水をはってふたたびお肉を煮込みます。ネギやショウガなどを皮ごと加えるのがおすすめ。 これで「牛テール」の下ごしらえは完成♪あとは、スープとお肉を料理に使うだけです!

牛テールのスープ・シチューレシピ5選

1. テールスープ

ホロホロのお肉が魅力の本格的なテールスープのレシピ。「牛テール」を使った料理の定番中の定番です。味付けは、塩とこしょうだけ。それだけなのに深みのある味わいが楽しめます。材料を入れて沸騰させたあと、中火で約20分煮込んで、そのまま冷めるまで待つのがおいしく作るコツ。これによってお肉がパサつかずにしっとりとした仕上がりに♪

2. 牛テールシチューと芽キャベツのグラッセ

旨みたっぷりな牛テールシチューと芽キャベツのグラッセを組み合わせたレシピ♪シチューはデミグラスソースを使って濃厚に仕上げています。圧力鍋ではなくストウブ鍋を使うときには、だいたい4時間くらい煮込みます。ニンジンやジャガイモは、牛テールの大きさに合わせて切るのがおすすめ。

3. ローマ風牛テールのトマト煮込み

牛テールとセロリをトマトで煮込んだローマの郷土料理のレシピです。しっかりと血抜きをして下ごしらえをした牛テールを、しっかりとゆでたあと、水を変えてだし用の野菜とハーブをいれ煮込みます。別鍋で玉ねぎとにんにくをラードで炒め、香りが出たところで煮込んだぎゅうテールをいれ、しっかり焦げ目をつけます。白ワインをいれてアルコールをとばし、トマトと塩をいれて煮込んでいきます。細切りにしたセロリをいれて先ほど牛テールを煮込んだだしを加えて味の調整をします。仕上げに松の実、レーズン、シナモン、ナツメグ、チョコレートを加えて軽く混ぜ、塩と胡椒で味を調整したら完成です。

牛テールでカレーレシピ5選

6. スパイスから作る牛スジテールカレー

たっぷりと丸一日かけて作り上げる「スパイスから作る牛スジテールカレー」。時間はかかりますが、その分、深い味わいが楽しめるぜいたくなレシピです。圧力鍋を使えば時短できますが、アク取りはしっかりとしておきましょう。仕上げに醤油を加えると、和風カレーの味わいに♪

7. 牛テール煮込みカレー

12時間ほど煮込むレシピなのでかなり手間はかかりますが、牛テールの旨みがあふれ出た絶品のカレーを味わうことができるレシピ。トマトケチャップやインスタントコーヒーなどを隠し味にした、複雑で深みのある味わいも魅力です。プリッキーヌを入れることで激辛な仕上がりに!辛いもの好きな人にもおすすめ♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS