凍み豆腐のルーツや作り方を徹底解説!簡単活用レシピ3選もご紹介♪

じゅわっと煮汁を含んだ煮物がおいしい凍み豆腐。そんな凍み豆腐はいったいどのようにして生まれたのでしょうか。自宅でも作れる凍み豆腐、そして驚きのアレンジメニューとは!?和食だけにとどめておくのはもったいないスーパー食材の魅力全開ですよ!

2018年12月3日 更新

2. 凍み豆腐のグラタン

実は和食だけでなく、洋食アレンジもできてしまう凍み豆腐。だしを入れた豆乳で煮含めた凍み豆腐からは、じゅわっとクリーミーな味わいが口の中に広がります。トマトソースとチーズとの相性も抜群で、和食の素材だと思っていた凍み豆腐の新たな可能性が広がるひと品ですよ。子供も好きな味つけなので、パクパク食べてくれる様子が浮かびますね。

3. 凍み豆腐のフレンチトースト

お肉代わり、洋食、さらにはスイーツにまで!?水で戻した凍み豆腐をパンの代わりにして、フレンチトーストに。大豆からできているので、パンのフレンチトーストよりも腹持ちがいいところも魅力です。液卵が染み込んだ凍み豆腐は、噛めばじゅわっと溢れ出る卵の風味ともっちりした食感が魅力。お好みでシュガーパウダーやメープルシロップをかけて。朝ごはんにもピッタリ、文句なしのスイーツの完成です!

凍み豆腐のポテンシャルの高さに脱帽!

いかがだったでしょうか?おばあちゃんの煮物というようなイメージの凍み豆腐、実はいろんな使い方ができるヘルシー食材だったことがわかりましたね。また自宅でも簡単に作ることができ冷凍保存もきくので、冷凍庫に常備しておくと便利な食材でもあります。簡単に作れてヘルシー、しかもボリューム満点でアレンジ自在と魅力満点の凍み豆腐。早速冷蔵庫にある豆腐を凍み豆腐にしてみませんか?
▼豆腐のレシピをもっとチェックしよう♪
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS