スイーツも作れちゃう!高野豆腐の別名「凍り豆腐」の絶品レシピ12選♪

高野豆腐という名前で私たちの食卓に登場する凍り豆腐。このふたつの豆腐は別物なのでしょうか?乾物で保存食としてストックもしているけれど、煮物以外のレパートリーが思いつかない!という方のために、おすすめレシピをご紹介します。

「凍り豆腐」って何?高野豆腐とは別物?

普段なにげなく食べている高野豆腐。凍り豆腐と呼ばれたり、凍み(しみ)豆腐と呼ぶ地域もあります。高野豆腐とは、名前の通り高野山周辺で作られていた凍り豆腐のこと。ですので高野豆腐と凍り豆腐は同じものと言えます。

昔、高野山を訪れた旅人が凍り豆腐を食べて興味を持ち、乾燥した凍り豆腐を見てびっくり!そしてこの豆腐は旅人たちの中で噂になり、高野山を訪れた人はお土産として持ち帰るようになりました。こうして、凍り豆腐は全国に広まっていったとされています。しかし、今では高野山のある和歌山県が産地ではなく、長野県でほとんどの高野豆腐が作られています。

凍り豆腐の作り方

現代では機械の発達に伴い、カットした豆腐を冷凍庫で凍らせたあと、低温で熟成させます。そして水分を抜いて乾燥させて作られるのです。これが凍り豆腐という保存食で、製造工程から凍り豆腐と呼ばれるようになりました。

昔は、適当な大きさに切った豆腐を気温の下がる夜になると外に出していました。そうすると夜中のうちに豆腐は凍ってしまいます。しかし、日中になると気温があがり凍った豆腐は解凍……この作業を繰り返し行うことで自然と水分が抜けて凍り豆腐の完成となるのです。

定番!凍り豆腐の煮物レシピ3選

1. 高野豆腐の煮物

まずはおふくろの味・定番の高野豆腐の煮物です。ひとくち食べた瞬間に、高野豆腐からじゅわっと出汁があふれ出します。椎茸の戻し汁で作った出汁は甘く、お子様にも大人気の味!できたてのあつあつもおいしいですが、暑い日には冷やしてさっぱりといただくのもおすすめです。

2. 高野豆腐の肉詰め煮

どこか懐かしく安心する味、高野豆腐の肉詰め煮をご紹介します。高野豆腐の含め煮をアレンジしましょう。ひき肉とにんじん、葱を詰めることで彩り鮮やかになり食べごたえもありますね。出汁が染みこんでとってもジューシー!具材を詰めることで十分メインおかずになりますよ。

3. 高野豆腐のとろみ煮

トロトロのあんがやみつきになる、高野豆腐のとろみ煮です。メインにも副菜にもなるひと品!簡単で、しかもワンパンで作れるのもうれしいですね。万能ねぎの他にショウガをのせると、ちょっぴり大人の味でさっぱりといただけますよ。お酒のおつまみにぴったりですね。

凍り豆腐の揚げ物レシピ3選

4. 高野豆腐の唐揚げ

まるで鶏肉の唐揚げの食べごたえ!高野豆腐でヘルシー唐揚げを作ります。作り方は鶏の唐揚げと同様に漬けダレを揉みこんで油で揚げるだけ!食感が鶏肉に似ているのでお子様も大満足のひと品です。お弁当のおかずにも喜ばれますよ。揚げている際の油跳ねにご注意くださいね!

特集

SPECIAL CONTENTS