カペリンのキャビアがコスパ最高!

一般的にキャビアというと、サメの卵ですよね。しかし今回ご紹介するのはカぺリンの卵を使ったキャビア!小さな粒がたっぷりと入っている様子は、まさに黒いダイヤのよう。 でも、キャビアは高いのでは……と心配したそこのあなた。なんと100gで200円以下というお手頃なお値段でゲットできることもあるのだそうですよ。ホムパやランチ女子会でも、前菜やパスタなどに気兼ねなくたっぷりと使えちゃいますね♪

カペリンでもおいしい!ししゃもレシピ3選

1. ししゃもの南蛮漬け

まずご紹介したいのは、ししゃももお魚もたっぷり食べられる南蛮漬けのレシピ。香ばしく上げたししゃもを爽やかな酸味の南蛮ダレにしっかりと漬け込んだひと品です。とても食べやすい味付けになっているので、お魚やお野菜が苦手なお子さんでも進んで食べてくれるかもしれませんね。

2. ししゃものアヒージョ

ちょっぴり大人の味わいに仕上げたいときや、女子会のひと品として準備したいときにはこちらのレシピがおすすめです。にんにくと唐辛子が決め手のアヒージョは、ワインやビールにもよくマッチしますよ。仕上げにはパクチーをどっさりとのせて、パクチストさんも納得のひと品に♪

3. ししゃもの唐揚げ

ししゃものおすすめレシピとして絶対に外せないのが、からあげ。からりと揚がったししゃもの唐揚げは、ついつい手が伸びてしまうおいしさですよ。生姜の香りがふわりと香り、にんにくの風味がガツンとしたアクセントになっています。ご飯もモリモリ進んじゃいそうな王道メニューです!

カぺリンをおいしく食べよう♪

ししゃもとカぺリン。とてもよく似た2種類のお魚ですが、味や見た目、そして生態の違いなど、たくさんの違いがあることがわかりましたね。 またカぺリンはお手頃なお値段ということもあり、その卵でつくられるキャビアもまたゲットしやすい価格。たっぷりの量が使える上に、食べたくなったらすぐにチャレンジできるのも嬉しいですね。ししゃももカぺリンも、どちらも魅力的なお魚。ぜひどちらもおいしく食べてくださいね。
▼こんな違い、知ってる?
Photos:2枚
ししゃもの南蛮漬け
ししゃものアヒージョ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ