5. キムチーズチヂミ

チーズがたっぷりとのったキムチ入りのチヂミ。つくねだけではちょっぴり食べ応えがないかなというときに、おすすめしたいひと品です。調理のポイントは、多めのごま油で両面をカリッと焼き上げること。キムチを入れているのでそのままでも味がしますが、酢醤油をつけて食べるとさらにおいしさが引き立ちます。

つくねと一緒に飲むなら!汁物レシピ5選

お味噌汁はもちろん、お吸い物やスープ、ポタージュなど、つくねはどんな汁物とも相性抜群です。毎回同じでは飽きてしまうので、たまには気分を変えて、いつもとは違う汁物を作ってみましょう。

6. 豆腐と梅干しのお吸い物

おかずがこってり系ばかりになってしまったら、汁物はシチューやポタージュではなく、さっぱりとしたお吸い物がベストです。こちらの豆腐と梅干しのお吸い物は、すっきりとした飲み口なので、脂っこいものや味の濃いものを食べるときにぴったりのひと品。梅干しの種類によって塩味が異なるので、調味料は味を見ながら加えるようにしましょう。

7. あおさとコーンの中華風たまごスープ

おかずで足りない栄養素は、汁物で補うようにすると献立のバランスが取りやすいです。たとえばこちらのレシピのように、あおさととうもろこしが入った中華風たまごスープなら、ミネラルやタンパク質をまとめて摂取することができちゃいます。食事のボリュームが足りないときには、汁物に春雨や冷蔵庫の残り野菜を加えるとGOOD。

8. 納豆となめこのお味噌汁

ナメコのぬるぬると納豆のねばねばで、ダブルのとろみがついたほっこり温まるお味噌汁です。そのままはもちろんですが、あったかごはんの上に流し込んで、サラサラとかき込むのもお楽しみの食べ方。つくねとこのお味噌汁があれば、ほかのおかずはいらないくらいに、ごはんが進むひと品です。

9. さつまいものポタージュ

やさしい味わいのつくねは、和洋中、どんな汁物を合わせても相性ばっちりです。さつまいもを使ったポタージュだってもちろん合わないわけがなく、むしろお子様がいるご家庭なら、大変喜ばれるメニューではないでしょうか。作り方もいたって簡単なので、コトコトと煮込んでいる間に、メインのつくね作りにじっくりと取り組んじゃいましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ