万能「塩だれ」の作り方!肉&魚がもっとおいしくなる!

塩だれは調味料とにんにくを混ぜるだけの簡単なたれで、肉や野菜の炒め物にアクセントとして使うととってもおいしいですよね。市販の塩だれはちょっと高値なので、自分で作ると低価格でたっぷりと食べることができますよ。

2018年7月12日 更新

刻んで混ぜるだけで絶品ねぎ塩だれに!

焼肉や生魚、炒めた野菜など、いろいろな食材に合う塩だれは、ごま油の香ばしさとさわやかなレモンがたまらないたれです。作り方は簡単で、細かく刻んだねぎに調味料などを混ぜ込むだけ!薬味のかわりにも使える万能たれなんです。

塩たれは約3日くらいは冷蔵庫で日持ちするので、翌日に焼肉パーティをするときは事前に作っておくと当日はおいしいねぎ塩だれをお肉といっしょに食べることができますよ。

塩だれの基本レシピ

ねぎ塩だれの完成写真

Photo by KIBO LABO キボーラボ

ご家庭にある調味料だけれ作ることができるレシピです。にんにくは市販のおろしにんにくでも代用ができます。鶏がらスープの素に塩気があるので、塩分を控えたい方は小さじ1杯くらい。濃い味が好きな方は、少し塩をプラスしてみてください。シャキシャキ食感が好きな方は、輪切りのねぎにしても作ることができますよ。

材料(2人分)

ねぎ塩だれの材料

Photo by KIBO LABO キボーラボ

・長ねぎ……1本半
・にんにく……1/2片
・ごま油……大さじ2杯
・鶏ガラスープの素……小さじ2杯
・塩……小さじ1杯
・レモン汁……1/8カット
・こしょう……お好みで

作り方

ネギをみじん切りにする写真

Photo by KIBO LABO キボーラボ

1. 長ねぎをみじん切りにします。
調味料を入れる写真

Photo by KIBO LABO キボーラボ

2. 調味料をすべて入れて混ぜ合わせます。
きざみにんにくを入れる写真

Photo by KIBO LABO キボーラボ

3. みじん切りにしたにんにく、またはおろしにんにくを加えて混ぜたらできあがりです。食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておくと味がよく馴染みますよ!
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

KIBO LABO キボー ラボ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう