デセールは別腹!おぼえておきたいフランス料理の豆知識

結婚式や大切な会食などでフランス料理のコースをいただくことも多いと思います。メニューを見て、メイン料理のあとに「デセール」という単語が並んで戸惑ったことはありませんか?今回は女子なら知っておきたい「デセール」について解説します。

2019年5月9日 更新

フレンチの代表デセール3選

クレームブリュレ

大きな丸皿に並んだココットに入っているクレームブリュレ

Photo by macaroni

映画「アメリ」で一躍有名になったデザートがクレームブリュレ♪

ヒロインのように、大きなスプーンで焦がした表面の砂糖をカチカチ割るのも楽しみのひとつですね。ちょっとラム酒を効かせると大人のデザートになります。季節のフルーツを飾れば、ワンランク上のクレームブリュレのできあがり。

いちごのミルフィーユ

四角いカリカリのトーストにカスタードといちごを挟んだミルフィーユ

Photo by macaroni

カスタードクリームに真っ赤ないちごを添えたミルフィーユも人気のひと品。

フレンチではパイ生地を使うことが多いですが、サンドイッチ用の食パンを使えばおうちでも作れちゃいますよ。伸ばした食パンにプリンを活用したカスタードを挟み込んだ、おしゃれなのに手軽なレシピです。

オレンジ・クレープシュゼット

白い丸皿に並んだオレンジのクレープシュゼット

Photo by macaroni

レストランで目の前で作ってくれるクレープシュゼット、とっても素敵ですよね。

おうちで再現するときも、できれば生のオレンジを絞ってソースを作りましょう。香り高いブランデーやオレンジリキュールをたらせば、さらにオレンジの香りが引き立ちます。バニラアイスと一緒に召し上がれ♪

デセールは別腹♪

デセールを直訳すると「片付けのあと」つまりメイン料理のあと、テーブルセッティングを仕切り直してからの流れということです。まさに別腹の時間ですよね。これからは「甘いものは別腹」ではなく、オシャレに「デセールは別腹」なんて言ってみてはいかがですか?

今度のコース料理では、ぜひ最後のデセールまで味わってみてくださいね。
▼知っておきたいフランス料理のこと。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう