食べ物は「匂い」「臭い」どっち?微妙な違いと使い方を知ってスッキリ!

「匂い」と「臭い」どちらも「におい」と読むことができる漢字。読み方が同じ漢字同士のことを「異字同訓」というのですが、この違いを皆さんはご存知ですか?今回は、「匂い」と「臭い」の微妙な差を解説していきます。

「匂い」と「臭い」なにが違う?

「匂い」について

まずは「匂い」から。皆さんは、良い香りがする時に「匂い」という漢字を当てはめていませんか?辞書によると、「匂い」は「そのものから漂ってきて、嗅覚を刺激するもの」「いかにもそれらしい感じ・趣。」とあります。

結構、アバウトな印象を受けるのですが、辞書を元に考えると「匂い」という言葉そのものに良いも悪いもなく、嗅覚を刺激するものであれば「匂い」に当てはまるということになります。

しかし、一般的には良いイメージのものに対して使われることが多いようです。

「臭い」について

続きまして「臭い」嗅覚を直接刺激する表現が「匂い」なら「臭い」は何が違うのか?

「臭い」の意味は「いやなにおいがする。」「嗅覚を刺激する、不快なくさみ。悪臭。」というもの。そして「臭い」は「くさい」とも読めます。

この漢字の持つ意味は、ネガティヴなイメージしかないのです。「悪臭」と表すと直接的ですが、「臭い」だけでもかなり不快なイメージを抱いてしまうほどです。

香りとの違いは?

「香り」は「臭い」と真逆で、ポジティブなイメージしか持っていません。香ってくる「匂い」が心地良いものを「香り」と表現するのです。

・シャンプーのいい香りがする

・花の香りに心が和む

・うなぎにかけた山椒の香りに食欲が増す

などの使い方をします。

「匂い」と「臭い」の使い方

では、どんなものに対して「匂い」や「臭い」という言葉を使うのか。例文を出して説明していきます。

「匂い」の用例

・隣のお宅からカレーの匂いがする

・タバコの匂いが気になる

・さんまの焼ける香ばしい匂いがする

ネガティヴなイメージも、ポジティブなイメージにも、そのものから漂い嗅覚を直接刺激する香りに使われます。どちらかというと、ちょっと使い方が難しいのが「匂い」です。

「臭い」の用例

では、一方どんなものに対して「臭い」を使うのか?

・ドブから異様な臭いがする

・おならの臭いが強烈

・生ゴミの激しい臭いで吐きそう

当たり前ですが、どの用例もネガティブなイメージですね。

食べ物にはどっちを使うべき?

一概には言えないのですが、一般的に好まれる香りの時は「匂い」を使い、不快な気分になる時は「臭い」を使うのが適切だと思われます。

食べ物に使う時は「チキンの焼ける良い匂いがする」「腐った野菜の臭いがキツイ」などの使い分け方をしましょう。

また、ゆずや山椒、カレーのスパイス、出汁、大葉など嗅覚を強く刺激し、更に快い匂いがするものを「香り」と表現するのが適切でしょう。

「匂い」と「臭い」、そして「香り」を使いわけよう!

「匂い」と「臭い」、何が違うか理解いただけましたか?

「匂い」…直接嗅覚を刺激する、良い悪いの意味合いはないが一般的には良いイメージのものに対して使う

「臭い」…ネガティブなイメージ。くさいもの不快なものに対して使う

「香り」…快いもの、よいにおいのものに対して使う。

こちらを踏まえ「匂い」と「臭い」そして「香り」の使い分けをしてみて下さいね。香りひとつとっても表現の仕方、使い方は色々あります。食事をする際の話のネタにもなりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS