マヨネーズの賞味期限は? おすすめ保存法&使い切りレシピも!

家庭料理に欠かせない人気の調味料「マヨネーズ」の賞味期限はどのぐらいかご存知ですか? 保存方法は常温・冷蔵庫? 自家製でも日持ちはするの? 今回はマヨネーズをおいしく安全に食べるためのさまざまな疑問を解消します。使い切りレシピもご参考に♪

1年前に買ったマヨネーズ、大丈夫?

大人も子供も大好きなマヨネーズは、家庭料理に欠かせない人気の調味料。スーパーでお買い得の日はとりあえず買っておく、コスパのよい大容量サイズを使っているという方も多いと思います。

そんなマヨネーズ、うっかり賞味期限が切れそう!いや、すでに切れている!使いかけの大きなマヨネーズがなかなか減らない……、なんて経験ありませんか?

今回はそんな時にお役立ちの、マヨネーズの賞味期限と保存方法についてまとめました。手作りマヨネーズの場合や、あまったマヨネーズの使い切りレシピもぜひご参考に♪

マヨネーズの賞味期限ってどのくらい?

マヨネーズは、卵・油・塩・酢などで作られています。またJAS規格により、保存料の添加は認められていません。店頭では常温で売れていて、しかも未開封のマヨネーズの賞味期間は意外に長いんです。卵が含まれているのに、どうしてなのでしょう? 開封前・後別にご説明します。

開封前

450gまでのボトル入りと瓶入りの賞味期限は12ヵ月、700g以上のボトル入りは10ヵ月です。これほど賞味期限が長いのは、卵以外の原料のおかけ。塩と酢には強い殺菌・防腐効果があり、油は腐らない(酸化はします)ため腐りにくいのです。

また企業努力により、衛生面の徹底はもちろん、酸化しにくい製造方法で作られているのも大きな理由です。

開封後

開封後の賞味期限はぐっと短くなり、冷蔵庫保存でおよそ1か月が目安になります。こちらは、大容量のサイズを使っていたり普段使用を控えめにしていると、うっかり賞味期限が過ぎてしまう可能性大です。

ほとんどの食品がそうであるように、空気に触れることで腐敗や酸化が早く進むのですね。

マヨネーズの賞味期限、切れても大丈夫?

さて、ここで気になるのが「賞味期限」という言葉です。賞味期限切れの食品は、危険なのでしょうか?

「賞味期限」は、未開封で表示通りの方法で保存した場合においしく食べられる期間をさします。なので1〜2か月過ぎ品質は落ちても、保存状態がよければ食べても大丈夫です。

ただ、状態が悪いものとして「変色している」「油と液体が分離している」「臭いや味に違和感がある」場合は、食べると危険です。腹痛や下痢だけでなく、酸化した油をとることで体内に活性酸素や過酸化脂質が増え、老化や病気の元となります。

おすすめのマヨネーズの保存方法

賞味期限はあくまでも目安、過敏になる必要はありませんが、おおらかになりすぎるのも考えもの。よい状態で保存するのが安心ですよね。おすすめの保存法をご紹介します。

開封前

直射日光の当たらない、できるだけ涼しい場所に保存します。レンジや炊飯器など熱を発する調理機器のそばは、温度が上がっている場合があるので避けた方がよいでしょう。

開封後

キャップをしっかり締めて冷蔵庫で保管します。意外にも冷やし過ぎはNG、0℃を下回ると油の分離が起き劣化してしまいます。冷気の吹き出し口を避けた場所を選びましょう。温度が下がりすぎない「野菜室」での保存もおすすめです。

カビの原因となるキャップの汚れはティッシュで拭く、チューブボトルの中の空気はできるだけ抜いておくとよいでしょう。

手作りマヨネーズの賞味期限は?

さて、ここで気をつけたいのが「手作りマヨネーズ」です。新鮮な材料を使っても、工場と同じような酸化しにくい乳化の製法では作れないため、賞味期限は冷蔵庫保管で1日~数日になります。熱湯殺菌したビンや密閉容器に入れるのがおすすめです。

自分好みの調合で作れるのが自家製の魅力ですが、保存には向いていないので少量使う時は市販のものが便利。メニューによって使い分けるとよさそうですね。

あまったマヨネーズ使い切り!マヨ炒めレシピ3選

1. 竹輪の海苔マヨ炒め

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう