美しさを活かして♪「イトヨリ」のおいしい食べ方8選

イトヨリという魚をご存知ですか?上品な味わいの高級魚で、低脂肪高タンパクという身体にも嬉しいもの。この記事ではそんなイトヨリの特徴や、おすすめレシピを多数ご紹介します!煮付けや刺身、アクアパッツァなど人気メニューもたくさんありますよ。

今日は白身魚を使って♪

毎日料理を作っている皆さまにとって、献立を考えることは大変であり、楽しくもあることと思います。嗜好や予算、栄養面……色々考えることはありますが、今日のレシピは「イトヨリ」を使ってみてはいかがでしょうか?

脂肪の少ないヘルシーな魚であるイトヨリは、調理法によってボリューム満点のおかずから、低カロリーのおかずまで幅広く作れますよ。今回はそんなイトヨリについてご紹介します。

イトヨリってどんな魚?

イトヨリとは、イトヨリダイともいわれ、漢字では「糸撚魚」などと書く魚です。体に複数の黄色い線があり、泳ぐたびにその線がきらきらと金糸が巻きついたように見えることからその名がついたともいわれています。

主に料理店などで使われる高級魚で、味わいは繊細でクセがなく、食べやすいのが特徴。また、水分が多くやわらかい口当たりです。旬は晩秋~冬。

あっさりとした白身魚で、和食の料理に多く使われるイメージがありますが、イタリアンやフレンチにもよく使われています。

おすすめの食べ方は?

調理法としては、見た目が華やかなためお刺身がおすすめ。お刺身にするには、湯引き(霜皮造り)にして皮と一緒に調理します。イトヨリのうま味は身と皮の間に多いため、こうすることでうま味も逃がさず、見た目も美しく仕上がりますよ。

また、火を通すとふっくらと仕上がり舌触りが良いため、煮つけやムニエルなどにしてもOKです。その他、美しい皮目を生かした椀もの、天ぷらなどの揚げもの、アクアパッツアなどの蒸し物など、様々な料理に使われます。

イトヨリの人気レシピ8選

1. イトヨリの刺身

通常、湯引きにして皮も一緒にお刺身にすることの多いイトヨリですが、皮湯引きバージョンの他に、皮むきバージョンのお刺身も!魚の皮が苦手な方や、高齢者・小さいお子さんにぴったりです。

皮の模様がキラキラと美しく、特別な日の食卓やおもてなしにも重宝ですね。

2. イトヨリの煮付け

甘めの煮汁が染みこんだ煮付けで、淡泊なイトヨリのおいしさが引き立ちます。一緒に煮付けたタケノコとスナップエンドウも、うま味がたっぷり染みこんだおいしさ。ショウガの風味も食欲をそそります。白いご飯のおかずに、お酒のお供に、年代問わず好まれる味わいです。

3. イトヨリの塩麹和え

オードブルのひと品に、おつまみに、イトヨリを使ったこんなおしゃれな料理はいかがでしょうか。白身魚のマリネとはひと味もふた味も違うおいしさです。甘みのある塩麹に、ネギやショウガ、ミョウガといった薬味をたっぷり加えて、イトヨリのおいしさをさらに引き出しています。レモンを加え、さっぱりさわやかな味わいです。

4. イトヨリのアクアパッツア

アクアパッツァとは、魚介類をトマトとオリーブオイルなどとともに煮込んだ南イタリアの郷土料理。豪華な見た目なので、おもてなし料理やパーティーなどに特におすすめです。このアクアパッツァは、イトヨリのうま味が、アサリやムール貝のうま味と重なり絶品!ワインがどんどん進むおいしさです♪

5. イトヨリのパイ包み焼き

サクッとした食感と、トマトソースが相性抜群なこちら。これなら魚が苦手な方でもおいしく食べられそう!手作りのソースは濃厚な味わいですが、イトヨリのうま味は消えることなく、さらにおいしく仕上がっています。おもてなしにマスターしたいひと品です。

6. レンジ蒸し

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

soleil

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう