ボロニアソーセージってどんな食材?由来や絶品レシピを解説します♪

しっとりと柔らかく舌触りの良いボロニアソーセージ。パンにもごはんにも、おつまみにもいろいろアレンジできて、食べ応えのあるソーセージです。生でも加熱しても絶品♪今回はそんなボロニアソーセージをご紹介いたします。

2018年12月3日 更新

きれいな色とやさしい味のソーセージ

見た目はハムのような薄いピンク色をしていて、サイズも大きい「ボロニアソーセージ」。薄くスライスして、そのまま生で食べるのもおいしいんですよ。

ほどよい脂があるので、そのまま焼いていただけます。クセが少ないのでどんな味付けでも、どんな食材とも相性抜群!主役にも脇役にもなれる食材です。今回ご紹介するレシピを、ぜひ参考にしてみて下さい。

ボロニアソーセージとは

ボロニアソーセージの原産国

ボロニアソーセージは、ヨーロッパの中で最も豊かな地域と言われている、北イタリアのエミリア・ロマーニャ州の州都・ボローニャで作られています。

ボロニアソーセージ原料・製法

作り方は、豚ひき肉に塩・コショウなどの調味料やスパイスなどを入れて加熱。ミンチ・練乳化・味付け・ケーシング・ゆでの工程があり、何時間もかけて加熱調理をおこなうことで、強い風味が特徴のボロニアソーセージに仕上がります。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

maibo

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう