ライター : 菅 智香

育児料理アドバイザー

育児料理アドバイザー、食育インストラクター。子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案。

国産豚肉を使用!コストコ「生ソーセージ」

Photo by 菅 智香

生ソーセージは一般的なソーセージとは別物で、加熱処理されていないソーセージを指します。コストコで販売されている生ソーセージは2,678円(税込)で、100gあたりの値段は179円。一般的なソーセージと比較すると少し高めの価格です。

製造元は日本ハム系列の企業

日本のコストコの生ソーセージは製造元に「日本ピュアフード」と記載があります。日本ピュアフードは日本ハム株式会社の系列会社だそうです。日本の大手企業のグループ会社で製造している商品と聞くと安心感がありますね。

生ソーセージの特徴

国産の豚肉が使用されている

Photo by 菅 智香

ソーセージは腸詰したあと、1本分ずつねじって成型されます。一般的なソーセージは1本ずつ離れている状態で販売されていますが、コストコの生ソーセージは1本1本が繋がっていて、お肉屋さんで見かけるような本格的な見た目。豚肉や豚脂肪は国産のものを使用しているので安心して食べられますよ。

原材料の特徴は?

一般的なソーセージには、化学調味料や発色剤などの添加物がかなり多く使用されていますが、コストコの生ソーセージの添加物は一般的なソーセージと比べるとかなり控えめに作られているんです。

肉は羊の腸に詰められているなど、細かい部分にもこだわりを感じます。

満足感のある長めのサイズ

Photo by 菅 智香

通常のソーセージと比べてコストコの生ソーセージの太さは大きくは変わりませんが、長さはかなり長めです。コストコの生ソーセージ1本の長さは約13~14cm程度で、重さが約45~50g程度です。通常のソーセージは重さ約15g~20g程度ですので、1本でかなりボリュームがあることがわかりますね。

食べる前に加熱が必要

生ソーセージは加熱処理されていない未加熱品です。中のひき肉が生の状態ですので、食べる前には必ず加熱するようにしましょう。中のひき肉の中心部分までしっかり火を通す必要あるため、15分程度の加熱時間が必要です。

編集部のおすすめ