ライター : 菅 智香

育児料理アドバイザー

育児料理アドバイザー、食育インストラクター。子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案。

お店の味が家庭で!コストコ「ル ルスティックラクレットチーズ」

Photo by 菅 智香

ラクレットチーズはそのまま食べるよりも加熱して溶かすことで香りや甘味、旨味が広がるスイスのチーズです。コストコで販売されているラクレットチーズはフランスの「ル・ルスティック ラクレット 皮なしスライス」という商品名で食品売り場の冷蔵のチーズコーナーに並んでいますよ。

価格は400gで958円(税込)です。種類にもよりますがナチュラルチーズは値段が張るものが多い中、100gあたり239.5円で購入できるのはうれしいですね。

ラクレットチーズの特徴

チーズはフランス産

コストコで販売されているラクレットチーズの原産国はフランス、原材料は生乳と食塩のみで、乳化剤が添加されていないナチュラルチーズに分類されます。10℃以下で保存するする必要があるため、必ず冷蔵庫に入れて保管しましょう。

カットされているので使いやすい

Photo by 菅 智香

コストコのラクレットチーズはおよそ7cm×5cm、3mmほどの厚さにカットされたものが2つの山になってパックされています。かたまりのチーズとは違い、1枚ずつ取り出せるので使いたい分だけ取り出すことができ、保存も簡単ですよ。

まろやかで食べやすい味わい

パッケージを空けると鼻を刺激するツーンとした香りがしますが、加熱することでその独特の臭いは和らぎ、芳醇な香りへと変化します。味はクセがなくマイルドで、どんな食材とも合わせやすく、子供でもおいしく食べられます。

ラクレットチーズのカロリーや賞味期限

Photo by 菅 智香

コストコのラクレットチーズは未開封の場合の冷蔵保存期間は長めですが、開封後にずっと冷蔵保存しているとカビが発生してしまう可能性があります。開封したあとは冷蔵庫で保管していても、賞味期限に関わらず早めに食べ切るようにしましょう。

冷凍保存もおすすめ

Photo by 菅 智香

開封したあとのラクレットチーズは表示通りに10℃以下の冷蔵庫で保管していても徐々にパサついてきてしまいます。開封後、すぐに使わない分は1枚ずつラップで包み、冷凍できる保存袋に入れて冷凍保存するのがおすすめです。複数枚まとめて冷凍するとくっついてしまうので、必ず1枚ずつラップで包んでくださいね。

編集部のおすすめ