グレイビーソースを使ったローストビーフレシピ

Photo by donguri

好きな大きさの牛かたまり肉を買ったら、冷蔵庫から出して常温になるまで置きます。塩こしょうで下味をつけてフライパンで表面を焼き、蓋をして蒸し焼きにしたら、アルミホイルを巻いて30分おきましょう。 余熱を通している間に、フライパンに残った肉汁でグレイビーソースを作り、薄くスライスしたローストビーフにかければできあがり♪時間を有効活用しながらソース作りができるのでおすすめです!

グレイビーソースを使ったレシピ3選

1. ロコモコ

グレイビーソースをたっぷりとかければ、本場ハワイ風のジューシーな「ロコモコ」のできあがり!ひき肉からは脂が出やすいので、グレイビーソース作りにピッタリなんですよ。余ったソースは冷凍保存もできるので、肉汁の分量にあわせてたっぷりと作ってくださいね♪

2. ローストチキン

オリーブオイルを塗ってぱりっと焼いたローストチキンに、醤油ベースの和風グレイビーソースをトッピングしたレシピです。チキンからしっかりと肉汁を出すために、オーブンで時間をかけて焼いていくのがポイント!ゴージャスで食べ応えがあるので、クリスマスなどの特別な日にもおすすめです◎

3. カナダ式フライドポテト「プーティン」

Photo by macaroni

カナダ式フライドポテト「プーティン」のレシピをご紹介します。 フライドポテトと豚バラ、とろ〜りチーズに、グレイビーソースをたっぷりかけたジャンキーレシピ!がっつり食べたい方におすすめです。 豚バラ肉は脂を落としてカリッと焼くとさらにおいしくなりますよ。焼いたときに出た脂は、拭き取らずに同じフライパンでソースを作るとうま味が増します。熱いうちにチーズを絡めてソースをかければ病みつきになること間違いなしですね。

ジューシーな味を試してみて!

Photo by donguri

肉汁が必須のグレイビーソースなので、単体ではなく、肉料理のついでとして作るのがポイントです。「今日の料理、グレイビーソースが合いそうだな」と思ったら、肉汁を残すことを意識して調理を始めましょう◎ 基本の作り方さえ覚えておけば、生クリームやワインを入れたり、アレンジは自由自在!市販のソースではなく、手作りグレイビーソースでこだわりの料理を作ってみてくださいね♪
▼こんなレシピにぴったり♪

特集

FEATURE CONTENTS