ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

スイーツ以外にも!ヨーグルトソースを使ったレシピ15選

ヨーグルトはそのまま食べたり、スイーツに使ったりとデザートとして食べることが多いですよね。しかし、酸味もほどよいプレーンヨーグルトは料理の食材として使ってもおいしいんですよ! ヨーグルトの使い方はさまざまですが、今回はヨーグルトソースを使ったレシピをご紹介します。肉や魚をやわらかく風味良く仕上げてくれるほかに、野菜に合わせて食べるのもおすすめです。

肉×ヨーグルトソースのレシピ5選

1. ヨーグルトソースで極上ローストビーフ丼

ご飯を覆いつくすローストビーフたっぷりの丼は、肉好きにはたまらない丼です。ローストビーフ自体が脂身の少ない部位を使っていますが、ヨーグルトソースと一緒に食べることで味の変化を楽しむことができます。ローストビーフは食べる直前に切ると、食べるときに断面がきれいな赤色に発色しますので、白いヨーグルトソースや卵黄の黄色とのコントラストも美しくなります。

2. ささ身とヨーグルトソースのヘルシー春巻き

ささみと豆苗をヨーグルトソースで絡めた具材の春巻きです。ささみのたんぱくさをヨーグルトやマヨネーズなどの調味料がおぎなってくれ、豆苗のシャキシャキが気持ちよく口の中で合わさります。また、ヨーグルトソースのおかげで、ささみのパサつきも気になりませんよ!ヘルシー春巻きですが、おやずやお弁当のメインにもなります。

3. 揚げ鶏のめんたいヨーグルトソース

ヨーグルトソースは揚げ物の後口をさっぱりとしてくれます。こちらは鶏もも肉の揚げ鶏ですが、明太ヨーグルトソースでピリ辛とすっきりとした酸味を与えてくれるレシピです。レモンよりも酸味はやさしく、柑橘系が苦手な人にも食べやすいですよ!また、マヨネーズとヨーグルト、明太子を混ぜて作る簡単ソースですので、さっと作ることができ、カロリーオフにもなります。

4. 鶏胸肉グリル・タマネギヨーグルトソース添え

鶏むね肉を塩麴漬けにして焼いたものをヨーグルトソースをつけながら食べる焼き物レシピです。ヨーグルトソースに使うのが、たっぷりのタマネギやココナツミルク、カレーに使われるスパイスです。カレー風味ですがヨーグルトの効果でマイルドになっていますよ!鶏むね肉も、塩麴の漬け込み効果でやわらかくジューシーになっており、グリルの間にソースができ上がるので調理時間も10分程度です。

5. 串焼きケバブのヨーグルトソースかけ

ひき肉をつくねにして焼いたケバブはむずかしそうですが、こちらはカレールーを使って簡単にできるレシピです。ひき肉の下ごしらえも楽ちんで、ヨーグルトソースも混ぜるだけ!下ごしらえから完成まで20分少々で、見た目も味も本格的なケバブを楽しめますよ!ヨーグルトソースにはにんにくや小葱が入って香りも味も楽しめます。

特集

FEATURE CONTENTS