ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

黒にんにくってどんな食べ物?

黒にんにくはどんな見た目と味?

黒にんにくはその名の通り、黒い見た目をしています。実は、一般的に見かける白にんにくと同じもの。「黒にんにく」という種類のにんにくではないのです。

白にんにくとの違いは製造方法にあり、黒にんにくは白にんにくを一定温度・湿度を保った状態で1ヶ月ほど熟成させて作ります。熟成するにつれ、最終的には真っ黒な見た目になります。

熟成して作られた黒にんにくはねっとりとした甘味があります。白にんにくとは違い、食べてもほとんど臭いを感じられません。なので、デート前に食べても大丈夫なんですよ♪

黒にんにくの産地とおいしい時期

黒にんにくのもともとの誕生の地は三重県と言われていますが、現在生産量・品質ともに日本一の産地を誇るのは青森県です。2015年には「青森県の黒にんにく」が地域団体に商品登録されています!

そんな黒にんにくのおいしい時期は、白にんにくの収穫時期である7~8月の約1ヶ月後。時期を見計らって、ぜひおいしい黒にんにくを味わってみてくださいね!

黒にんにくの食べ方

そのまま食べる

黒にんにくはクセがないので、シンプルにそのまま食べてもおいしいです。皮をむいて、果物のように食べられますよ。黒にんにくには乳酸菌が含まれているので、胃腸にもとってもやさしいです。とは言え食べすぎは胃もたれや不調の原因にもなります。1日1~2片を目安に召し上がってくださいね。(※1)

サラダやパスタのトッピング

包丁で刻んでトッピングにすると、黒色がアクセントとなっておしゃれな見た目になります。甘酸っぱい黒にんにくは調味料代わりになるので、サラダやパスタのアレンジレシピを楽しめますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS