鯖缶を使えば手軽に♪

鯖缶を使った竜田揚げもおすすめです。鯖缶はそのまま食べることができるので、調理に使えば、下処理や下味がいらず骨抜きの必要もありません。かなりの時短調理になりますよ。 また、鯖缶の鯖は、筒切りになっておりかたまりの形状です。そのまま調理に使用することで見栄えよく仕上がります。鯖の旨味もぎゅっと詰まっているので、ぜひ試してみてくださいね。

カラッと揚げる鍵は「衣」

食感は、揚げ物の命とも言えますよね。カラッと仕上げるためには、衣をつける工程がポイント。下味の汁気はしっかりと拭き取り、片栗粉は薄くつける、これが重要なんです!こうすることで、ムラのない仕上がりになりますよ。

「鯖の竜田揚げ」人気のアレンジレシピ5選

1. 鯖のカレー風味竜田揚げ

片栗粉にたっぷりのカレー粉を混ぜた、鯖の竜田揚げです。外はカリッと中はジューシー、さらにスパイシーな香りが広がる竜田揚げはご飯との相性が抜群!お子さんでも食べやすいので、お弁当のおかずにもぴったりですよ。

2. 鯖缶をアレンジ!揚げない竜田揚げ

Photo by macaroni

鯖缶の味噌煮を使った竜田揚げです。下処理も骨抜きも不要でコク深い味わいの竜田揚げを簡単に作ることができます。 鯖缶を使うことで時短になるのですが、さらに時短したい人は、油で揚げ焼きにしましょう。七味唐辛子をかけてピリ辛にしてもおいしく仕上がりますよ。

3. 鯖の竜田揚げ 甘酢あんかけ

鯖の竜田揚げにタレをかけるなら、甘酢あんはいかがでしょうか? あんかけの酸味と鯖の旨みが、絶妙にマッチします。パプリカを具材に入れて、彩りよく仕上げましょう。パッと食卓が華やかになりますよ。

4. 鯖の竜田揚げりんごみぞれあんかけ

鯖の竜田揚げにりんごのみぞれあんを合わせた斬新なレシピのご紹介です。どんな味なのか想像できない人もいると思うのですが、鯖の香ばしさに爽やかさを感じるやさしい味わいのひと品です。大根とりんごを鍋に入れたら火を通しすぎないように注意してください。

特集

FEATURE CONTENTS