ヒラメとカレイをおいしく食べよう!おすすめレシピ4選

1. ヒラメのカルパッチョ

ヒラメのお刺身を使った、さっぱりとしたカルパッチョです。色とりどりの野菜がとてもきれいで、おもてなしにもピッタリ。インスタ映えも抜群ですね。 粒マスタードを効かせたカルパッチョソースにはシーフードとの相性がディルを刻んで入れることで、爽やかな風味がヒラメの淡白な味を包み込んでくれます。

2. ヒラメのムニエル レモンバターソース

レモンの爽やかな風味とバターのコクが好相性のムニエル。塩コショウと小麦粉をまぶしてサッと焼くだけなのに、豪華なフレンチになります。 ヒラメは加熱用、刺身用どちらを使用してもおいしくできあがりますよ。しっとりとほぐれるヒラメの身にソースをつけて食べてください。パンにもライスにも合う、優雅な雰囲気のひと品です。

3. カレイのスパイシー揚げ

オールスパイスの香りが食欲をそそる、カレイの揚げ物です。小麦粉にスパイスを混ぜて揚げるので、工程も少なく済むのがうれしいですね。 中温の油でカラッと揚げれば、外はサクサク、中はしっとりホクホクの仕上がりに。揚げたてのアツアツのところに、お好みでレモンを絞ってどうぞ。

4. カレイの煮つけ

カレイと言えば煮つけは欠かせませんね。日本人の大好きな甘辛い煮汁で煮つけたカレイは、ふっくらとして脂の乗った身が最高の美味しさ。ご飯が止まらなくなるおいしさです。 生姜がカレイの臭みをけしてくれ、風味豊かに仕上げてくれます。時々煮汁をかけながら煮ると、まんべんなくカレイに味が染みわたりますよ。

もう迷わない!ヒラメとカレイの見分け方

いかがでしたでしょうか?ヒラメとカレイの見分け方や、特徴の違いをご紹介しました。 よく似た魚のヒラメとカレイにも、実は大きな特徴の違いがあありました。これからは「左ヒラメに右カレイ」という見分け方だけでなくとも、ヒラメとカレイの違いを簡単に見分けられるようになりますね。 肉質の違いを理解して、それぞれに合った調理法でいただくと、より魚のおいしさが堪能できます。今夜のお夕飯にはヒラメかカレイ、どちらが食べたいですか?
▼白身魚のアレンジレシピはこちら!
Photos:6枚
ヒラメのカルパッチョ
カレイのスパイシー揚げ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS