ライター : y_nakagawa

おいしい物、おいしいお店、便利なキッチンアイテム。グルメにまつわるいろいろをお届けします。

人気のカレイ料理を作ろう!

カレイは種類がたくさん

世界には約100種類以上がいるとされていて、日本の沿岸にも30種類以上のカレイが生息しているといわれています。地方によって、見た目や味、旬などで値段も変わっていく魚です。 カレイの見た目はヒラメと似ています。見分け方は「左ヒラメの右カレイ」といわれるように、基本的に顔が右向きなのがカレイです。

旬と選び方

カレイの旬の季節はその種類や獲れる場所によって異なります。春夏が旬の種類は、クロガレイやスナガレイ。秋冬が旬の種類は、アカガレイやアサバガレイ。 選び方は新鮮さがポイント。表面にほどよくヌメリがあって、きれいなツヤがあるのが鮮度が高いカレイの特徴です。また、裏側の白い部分が純白で輝きがあるものを選びましょう。切り身は透明感のあるものを。肉厚で弾力があるのもポイントです。

刺身でも食べられる?

新鮮なカレイであれば刺身でおいしく食べられます。一般的に、ヒラメはさっぱりした淡白な味で、カレイはコクのある濃厚な味だといわれています。食感は鮮度でかなり変化しますが、コリコリしたヒラメに比べてカレイは、ちょっとやわらかめでふわふわしてるのが特徴です。

カレイの煮込みレシピ3選

1. カレイの煮付け

カレイを使った定番レシピといえば煮付けです。カレイの旨味がゴボウに染み込んでおいしい。具材にこんにゃくをプラスするのもおすすめです。器に盛ったら仕上げに木の芽を飾りましょう。カレイのサイズによって煮る時間を調整してください。

2. カレイのみぞれ煮

カレイを揚げてから煮るとコクが増しておいしく。揚げたカレイを煮るときは、あまり煮立てると身が崩れてしまいます。弱火でじっくりと煮るのがコツです。器に盛り付けたら、刻んだ三つ葉を散らして香りと彩りを添えて。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS