おなじみの白身魚「カレイ」の旬や選び方、おすすめレシピ12選

白身魚の定番「カレイ」。ホクホクしていておいしく夕食のメインディッシュにもぴったりな食材です。ここでは「カレイ」の選び方や旬の季節、おすすめレシピ12選をご紹介します。和風や洋風、中華風などぜひ参考にしてみてください♪

2018年11月26日 更新

人気のカレイ料理を作ろう!

カレイは種類がたくさん

世界には約100種類以上がいるとされていて、日本の沿岸にも30種類以上のカレイが生息しているといわれています。地方によって、見た目や味、旬などで値段も変わっていく魚です。

カレイの見た目はヒラメと似ています。見分け方は「左ヒラメの右カレイ」といわれるように、基本的に顔が右向きなのがカレイです。

旬と選び方

カレイの旬の季節はその種類や獲れる場所によって異なります。春夏が旬の種類は、クロガレイやスナガレイ。秋冬が旬の種類は、アカガレイやアサバガレイ。

選び方は新鮮さがポイント。表面にほどよくヌメリがあって、きれいなツヤがあるのが鮮度が高いカレイの特徴です。また、裏側の白い部分が純白で輝きがあるものを選びましょう。切り身は透明感のあるものを。肉厚で弾力があるのもポイントです。

刺身でも食べられる?

新鮮なカレイであれば刺身でおいしく食べられます。一般的に、ヒラメはさっぱりした淡白な味で、カレイはコクのある濃厚な味だといわれています。食感は鮮度でかなり変化しますが、コリコリしたヒラメに比べてカレイは、ちょっとやわらかめでふわふわしてるのが特徴です。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう