【基本レシピ】ニース風サラダの作り方。どんな料理かも解説!

おしゃれでボリュームたっぷりの「ニース風サラダ」。今回は、基本レシピをご紹介します。「名前は聞いたことあるけど、詳しくは分からない」そんな方のために、ニース風サラダがどんな料理かもお教えしますよ。ぜひ、参考にしてくださいね!

2018年4月11日 更新

どんな料理?「ニース風サラダ」とは

「ニース」とは、フランスにある都市のひとつです。「ニース風サラダ」は名前の通り、ニース地方スタイルのサラダを指します。じゃがいもやオリーブ、ゆで卵などが使用され、かなりボリューミーで食べ応えのあるサラダです。「サラド・ニソワーズ」と呼ばれることもあります。

特に定義は定められていませんが、にんにくやアンチョビの風味が効いたフレンチドレッシングを用いる場合が多いようです。豊かな風味を楽しめるのが特徴ですよ。

【基本】ニース風サラダのレシピ

食材をたっぷり使った、ニース風サラダの基本レシピをご紹介します。材料は2人分とありますが、ボリューミーに仕上がります。メインではなく副菜として食べる場合は、3〜4人分くらいになりますよ。

材料(2人分)

具材

・じゃがいも(大)……2個
・卵……2個
・トマト(中)……1個
・レタス……4枚(120g)
・さやいんげん……8本
・ツナ缶……1缶
・ブラックオリーブ……8個

フレンチドレッシング

・オリーブオイル……大さじ3杯
・白ワインビネガー……小さじ2杯
・アンチョビフィレ……2尾
・おろしにんにく……小さじ1/2杯
・レモン汁……小さじ1/2杯
・塩……少々
・ブラックペッパー……少々
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

soleil

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう