味噌ベースのきのこ汁レシピ5選

6. きのこの麦みそ汁

しめじとしいたけを使ったきのこの麦みそ汁になります。きのこをゴマ油で炒めてからだし汁を加えます。きのこはお好みのものを使えばいいですが、複数を組み合わせて使うと、うま味成分が混ざり合ってよりおいしくなります。また一味や七味唐辛子を加えると、ピリッと辛味がきいて味がしまりますよ。

7. エリンギのきのこ汁

エリンギを使ったきのこ汁です。エリンギは切り方によって食感が変わってくるので、縦切りや横切り、大きく切ったり手で割いたりと、切り方を変えて食感を味わってみてください。そのほか生のしいたけやえのきを入れてもいいでしょう。たっぷりきのこを入れると、食物繊維をとることができますね。

8. バター入りのきのこ汁

数種類使ったきのこの風味に加えて、バターのコクをプラスしたバターきのこ汁です。きのこを軽く炒めたところに、汁を加えて味噌で調味します。すりごまも仕上げに加えていて、食欲をそそる香りが漂います。ガツンと旨みのあるきのこ汁は、寒い日にいかがでしょうか。

9. 納豆きのこ汁

味噌ベースのきのこ汁に納豆を加えて、とろみのついた納豆きのこ汁はいかがですか?だし汁にきのこなどの具材とすりつぶした納豆を加えれば、ボリュームたっぷりでぽかぽかと体も温まりますよ。独特の風味がやみつきになるかも。うどんを入れてもおいしく、お夜食にもおすすめです。

10. きのこの酒粕汁

いつもの味噌味のきのこ汁に飽きたら、酒粕汁にしてはいかがでしょうか。しかもこちらのレシピは、干ししいたけ、昆布、切り干し大根を使った「乾物おだし」を使用しているので、食物繊維たっぷりで体に優しいおいしさ。酒粕を使うと風味が増して食欲をそそるだけでなく、減塩にもなるので、うまく活用したいですね。

味付け自在!きのこ汁レシピ5選

11. 鶏入りきのこ汁

白だしを使った鶏入りきのこ汁です。鶏が入っているので、きのこから出る出汁と合わせてうま味たっぷりのおいしさ。適度な塩分とだしのうま味が入った白だしは、素材の色をそのまま出せるから、見た目もきれいで汁物にもよく合います。うまく活用したいですね。白だしを使ったことのない方は少量ずつ使ってみてください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ