12. 具だくさんの和風炊き込みごはん

炊飯器で作る炊き込みご飯は、手軽なので覚えておきたいレシピのひとつ。具だくさんにするとおかずがなくても満足できるので、忙しい時にも大活躍しそう。 具材を醤油ベースの下味で煮てから炊くので、具が生だったり味がなじんでいないという失敗もありません。具材と煮汁は冷蔵庫で2、3日保存できるので、時間がある時に作っておいても良さそうです。

13. カキの炊き込みご飯

白菜キムチを加えたちょっと変わった炊き込みご飯のレシピです。辛味と旨味がアクセントになって、ついついお代わりしたくなる味。冬に旬を迎えるカキも一緒に炊くことで、ふっくら仕上がります。 キムチにしっかり味がついているので、調味料はお醤油やみりんなど少しで十分。醤油の風味がごはんや具材の味を上手にまとめてくれます。

14. 柚子胡椒とひじきの和風炊き込みご飯

ひじきの炊き込みご飯は栄養たっぷりで、家族みんなで食べたい1品です。このレシピでは、柚子胡椒を加えてちょっぴり大人風味に仕上げました。ボウルに調味料を混ぜたら、炊飯器に入れて具材と一緒に炊き込むだけなので、味つけに失敗することがありません。 柚子胡椒の風味をより強く楽しみたい方は、炊きあがってから追加するのもおすすめです。

15. 懐かしの大根飯

冬を迎え、みずみずしい大根をメインの具に使う炊き込みごはん。醤油で飴色に煮た大根は中までしっかり味がしみていて素朴ながら深い味わいを楽しめます。難しそうに見えますが、具材を煮た汁ごと炊飯器に入れるので、水加減を失敗することもありません。 ローコストで栄養満点の炊き込みごはん、ぜひ作ってみてくださいね。

お代わり必須!醤油ごはんの奥深さを堪能しよう

白いごはんに具と醤油をかけるだけの「のっけごはん」、醤油で味付けする「炒めごはん」や「炊き込みごはん」。どれもご飯が止まらなくなるほどおいしく、老若男女問わず人気のあるごはんです。他の調味料がなくても、これだけで十分おいしいごはんになるのはお醤油のなせる業。 ごはんの湯気と一緒に立ち上がる醤油の香りは、どこか懐かしくてほっとしませんか?今回ご紹介したレシピは、どれも手軽に作れるのでさっそく作ってみてはいかがでしょうか?

編集部のおすすめ