【基本レシピ】「ネギ油」の作り方!冷奴や炒飯など活用レシピも

料理にサッとかけるだけで、香りやコクがアップする「ネギ油」。市販品も売られていますが、実はお家で簡単に手作りすることができます。今回は基本の作り方や、活用レシピもご紹介!ネギ油でいつもの料理をグレードアップさせてみませんか?

2018年3月8日 更新

「ネギ油」って何?

ネギ油とは、ザックリと刻んだネギを低温の油で熱し、香り付けしたもののこと。中国では家庭料理にも使われているポピュラーな油で、ごま油やオリーブオイルと同じように、サッとかけるだけで香りやコクがアップさせることができます。

とにかく料理の味をおいしく変化させてくれるネギ油。塩やしょうゆで味付けするようなシンプルな料理にも、少量加えるだけで深みを与えてくれます。1ヶ月ほど日持ちするので、冷暗所にストックしておくと便利ですよ◎

ネギ油の作り方

材料(180cc分)

テーブルに並んだネギ油の材料

Photo by donguri

・長ネギ……1本
・ニンニク……1片
・サラダ油……200cc

作り方

長ネギをカットした写真

Photo by donguri

1. 長ネギの青い部分を10cm、白い部分を1cmくらいの長さに切ります。
包丁で潰したニンニク

Photo by donguri

2. ニンニクの皮をむき、包丁でつぶします。
熱したフライパンとカットしたネギ

Photo by donguri

3. 冷たいフライパンにサラダ油を入れ、12を加えます。
長ネギを炒める写真

Photo by donguri

4. 弱火で火をつけて加熱します。
フライパンで炒めたネギ

Photo by donguri

4. 15分ほど経って、ネギがきつね色になったら火を止めます。絶対に強火にせず、弱火でじっくりと加熱するのがポイントですよ。
ネギ油を漉す写真

Photo by donguri

5. ザルなどを使って漉し、しっかりと冷ましてください。
透明な器に入れられた完成したネギ油

Photo by donguri

6. 保存容器に移したらできあがりです!

ネギ油の保存方法

手作りしたネギ油は、冷暗所で1ヶ月ほど日持ちします。空気に触れるほど酸化していくので、しっかりと密封できるガラス容器や保存容器などに入れて保管しましょう。できたてのネギ油は高温なので、完全に冷ましてから容器に移してくださいね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう