6. サワラの南蛮漬け

魚へんに春と書くサワラは、その名のとおり春に旬を迎えるお魚のひとつです。軽く淡白な味わいは、南蛮漬けの味付けと相性抜群。普段はお魚を敬遠しているお子さんもペロリと食べてくれるかもしれません。サワラと鮭を半分ずつ使って、味の違いを楽しみながらいただくのもおすすめです。

7. タラの南蛮漬け

お鍋やムニエルなど、タラはいろいろなお料理で活躍するお魚ですね。強く主張をしない、あっさりとした軽い味わいなので、南蛮漬けのようなパンチの効いた味付けにはもってこいの食材と言えるでしょう。作り置きもできるので、タラがお買い得に手に入るときにまとめて作ってもいいですね。

8. 揚げサンマの南蛮漬け

次は、秋の味覚の代表格といっても過言ではないお魚・サンマの登場です。こちらのレシピではサンマを3枚におろす工程が出てきますので、初めてという方はぜひチャレンジしてみてくださいね。また、こちらの南蛮ダレにはハチミツが隠し味で入れられています。まろやかな味わいに仕上がりますよ。

9. カレイの柚子風味南蛮漬け

焼いてもよし、煮てもよしのカレイは、もちろん南蛮漬けでもよし。おいしそうな色になるまで揚げたら、南蛮ダレにどぼんと浸けちゃいましょう。南蛮ダレには隠し味として柚子を少々加えれば、ほどよく爽やかなアクセントになりますよ。タレに浸ければつけるほどおいしくなりますので、お好みの浸け加減を探してくださいね。

10. サバとナスの南蛮漬け

焼きサバやサバ味噌、サバ寿司……いろいろなメニューで大活躍するサバは、コアなファンも多いお魚ですよね。最近ではアンチエイジングの効果や脂質異常症対策、高血圧を予防する効能なども期待されており、健康志向の方にも人気のある食材ではないでしょうか。ナスと一緒にどうぞ!

ボリューム!お肉の南蛮漬けレシピ7選

11. 鶏肉の南蛮漬け

こちらは鶏肉を南蛮漬けにしたレシピです。そぎ切りにした鶏のもも肉を味付けしたら、カラリと揚げちゃいましょう。それを南蛮ダレに漬け込んで1晩寝かせれば、じゅわっと味を含んだ南蛮漬けのできあがりです。さっぱりとした味わいの甘酢ダレに、ジューシーな唐揚げがよく合いますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ