【さく&ふわ】「大和芋」のレシピ12選!食感を変えて楽しもう◎

強い粘りと風味が特徴の「大和芋」。レシピによって異なる食感が楽しめるんです。今回は、さくさく感が楽しい焼きを中心にしたレシピと、ふわふわ感が優しいとろろを使ったレシピに分けてご紹介します。お好みに合わせて作ってみてくださいね。

2018年10月16日 更新

2.牛肉と大和芋のガリバタ醤油味

皮はむかずにそのまま焼いた大和芋と、牛肉、しめじを炒め合わせたガリバタ風味の一品。この料理では棒状の大和芋を選ぶのがポイント。シャキシャキ食感とガーリックバターの風味が食欲をそそります。

3.山芋のしょうゆバター焼き

こちらのレシピでは山芋を使用していますが、もちろん大和芋で作っても大丈夫。 大和芋を切って、しょうゆとバターで炒めるだけのシンプルなレシピ。ですが、しょうゆの香ばしさとバターのコクが素材の味を引き立てます。さらに、大和芋の素材の甘味と海苔の塩味がとてもよく合って、お箸が止まりません。お酒のアテとしても喜ばれそうですね。

4.タケノコと大和芋の味噌炒め

タケノコと大和芋を味噌ベースで味付けした一品です。タケノコは水煮を使用しているので、短時間でできてしまいますよ。口に入れた瞬間、味噌に加えたゆず胡椒がふっと鼻に抜け、爽やかさも感じられます。タケノコのコリコリした食感と大和芋のさくさくした食感が楽しめるのもうれしいですね。

5.しゃきしゃき大和芋の梅だれ和え

細切りの大和芋に梅干しと砂糖、だし汁で作った梅だれをのせた、さっぱりとしたレシピです。簡単に作れるので、付け合せにぴったりです。

6.もやしと大和芋の牛肉巻き黒酢あん

もやしのしゃきしゃき感と大和芋の食感がたっぷり味わえる一品です。黒酢としょうゆベースの甘辛いタレのおかげで、ごはんがすすむおかずに仕上がっています。野菜を巻いている牛肉のジューシーさもたまらないですね。濃いめの味付けなので、お弁当のおかずにもオススメですよ。

とろろで調理!大和芋の「ふわふわ」レシピ6選

7.大和芋のひと口お焼き

すりおろした大和芋に桜エビを加えて、風味のいいおやきに仕上げましょう。生地には一切小麦粉を使わずに、大和芋のみなので、とってもふわっふわでいくらでも食べられてしまいます。出汁としょうゆで味付けしてあるので、何もつけなくてもおいしくいただけます。ひと口大の大きさなので、子どものおやつとしてもおすすめです。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS