ライター : yokodx

豚足レシピにチャレンジするなら、下処理が大切!

豚足とは、豚の脚の先端部位のこと。皮や腱、軟骨などに旨味とコラーゲンがたっぷり含まれ、加熱によってゼラチン質になることが特徴です。沖縄以外にも、中国や東南アジアをはじめ世界各地で食べられています。

豚足の下処理方法

豚足は、調理前に下ゆでが必要です。まずは、豚足全体が浸かる程度の大きさの鍋にお湯を沸かし、10分ほど豚足をゆでます。

流水で豚足を洗ったら再度水を張った鍋に入れ、長ねぎの青い部分やしょうが、酒と共に火にかけます。沸騰したらアクを取り除きながら2時間程度煮込みましょう。ゆで汁は旨みが凝縮されているので、スープにするのがおすすめ。

なお、豚足によっては毛が残っているものがあります。粗熱が取れたら、カッターやかみそりで取り除いてくださいね。

もし下処理をすることがむずかしい方は、市販されている処理済の豚足を使えば、すぐ調理に入ることができて便利ですよ。

こっくり味わう。豚足の「煮込み」レシピ7選

1. まろやかな旨さ。豚足の煮物

豚足レシピの定番!甘辛い味付けがクセになる豚足の煮物です。しっかり味の豚足は絶品で、おつまみとしてはもちろん、ごはんとも好相性。ボイル済みの豚足は再度軽くゆでることで、くさみが消えてぐっと食べやすくなりますよ。からしや柚子こしょうをつけて召しあがれ。

2. 加圧調理で短時間でもコク旨に! 豚足煮

下処理済みのボイル豚足を使って、圧力鍋で時短に仕上げます。調味料を入れて、片面ずつ加圧するだけで、ジューシーな豚足煮に。三温糖のこっくりとした甘みが豚足と好相性で、ごはんが進むこと間違いなしです。

3. スパイス香る。豚足の黒糖煮

定番の煮物では物足りないという方におすすめしたいのが、こちらのレシピです。シナモンのようなスパイシーさと甘さをもつ八角と、黒糖で煮込む豚足は一度食べるとクセになる味わい。豚足の旨みやコクを感じられ、おつまみとしてもおすすめです。ビールはもちろん、ワインとも相性が良いですよ。

4. 照りが食欲をそそる♪ 豚足のしょうゆ煮

しょうゆにしょうがのかくし味をきかせるのがポイント! 豚足をまず圧力鍋でやわらかくしてから、調味液を加えて煮込むので、照り照りジューシーに仕上がります。おつまみや、ごはんのおかずにもぴったりのひと品です。

編集部のおすすめ