ホクップリッ!「じゃがいも×ウインナー」レシピ12選

どこのご家庭の冷蔵庫にもあるじゃがいもとウインナー。この2つの組み合わせでおつまみやお弁当のおかず、メインおかずまで作れてしまいます。今回はそんな2つの食材を使用したレシピをご紹介します。ぜひ食卓に活躍させてくださいね。

間違いない!じゃがいも×ウインナーのレシピ12選

じゃがいもとウインナー……どのご家庭の冷蔵庫にも常時ストックがあるのではないでしょうか。食卓に登場する頻度も高い、便利な食材ですよね。しかし、ついついマンネリ化してしまうのも事実。

今回は定番のチーズやマスタードを使った食べ方に加え、スープにしたり、揚げ物にしたりとバリエーション豊かなレシピをご紹介。びっくりするような斬新なおもてなしレシピもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

とろ〜りチーズ♪じゃがいも×ウインナーのレシピ4選

1. じゃがいもとウインナーのチーズ焼き

ハーブを使って、香りの良いじゃがいもとウインナーのチーズ焼きを作りましょう。豪華に大きめのフランクフルトを入れておなかが大満足のひと品。ごはんの上にのせてドリア風にしてもさらに食べごたえがありますね。スキレットに入れておもてなしにも使えそうですよ。チーズがとろ~りとろける熱々を召し上がれ。

2. じゃがいものキッシュ

冷凍のパイシートを使えば、おうちで本格キッシュもいただけます。じゃがいもを先に素揚げすることでホクホクの食感を味わえます。ウインナーの塩気がアクセントになり、しっかり味のキッシュが完成!クリーミーでコクがあり、焼きたての香りはたまりません。ワインのおつまみにも最適です。

3. カラフルオムレツ

野菜が苦手なお子様もきっとやみつきになるカラフルオムレツです。少量ずつではありますが、色んな種類の野菜を食べられるひと品です。オーブンで焼くので、失敗もなくふんわり、しっとり焼き上がります。チーズをたっぷり入れるとお子様も食べやすく、ボリュームたっぷりのメインおかずになりますね。

4. カマンベールフォンデュ

こちらはなんとも斬新なカマンベールフォンデュ!他に調味料は要らないのに濃厚なチーズを味わえます。じゃがいもやウインナーの他にも、エビやブロッコリーなどクリスマスカラーをそろえてみてはいかがでしょう。とてもオシャレで、おもてなしにも喜ばれそうですよ。ワインのおつまみにもおすすめです。

ピリッとマスタード!じゃがいも×ウインナーのレシピ4選

5. じゃがいもとソーセージの塩煮

ウインナーの塩気がアクセントになった、ちょっぴりオシャレな塩煮です。ちょうど良い塩気の粉吹きいもはプリプリに茹で上がったウインナーとの相性がばつぐん!粒マスタードを付けると、パンチがあり、お酒のおつまみにもぴったりです。シンプルな材料で作れるのも嬉しいポイントですね。

6. じゃがいものマスタードクリーム炒め

生クリームとマスタード……実はびっくりするほど合うのです!炒めているそばから、食欲をそそる香りが漂ってきます。じゃがいもは薄めにスライスしてカリッと焼き上げると食感も楽しめます。少ない材料で作れますが、濃厚な味わいでお箸が止まりません。お弁当のおかずにもぴったりですね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう