牡蠣の正しい保存方法とは?冷蔵&冷凍でおいしさ長持ち!

寒い時期になると特に食べたくなるのが牡蠣。しかし、たくさん買っても正しく保存できなければもったいないですよね。今回は牡蠣の保存方法についてご紹介。牡蠣を一度で食べきれないという時は、状況にあわせて保存してみましょう。

2018年4月10日 更新

冷凍保存の場合

用意するもの

【密閉パックの場合】 ・特になし 【密閉されていない場合】 ・キッチンペーパー ・ラップ ・フリーザーバッグ

手順

【密閉パックの場合】 ・そのまま冷凍庫に入れましょう。 【密閉されていない場合】 1.一粒ずつ流水で洗う 2.キッチンペーパーで水気をとる 3.一粒ずつラップでくるむ 4.フリーザーバッグに入れ、冷凍庫へ

保存期間&注意点

保存期間はどちらも一ヶ月ほどですが、やはり風味はおちてしまいますので早めに食べるのがよいでしょう。 解凍する時は冷蔵庫に移すか、流水を当てるなどして少しずつ行うようにしましょう。また、冷凍した牡蠣はむき身のものも、加熱してから食べるようにしてくださいね。

保存も可能!牡蠣のオイル漬けレシピ

牡蠣はオイル漬けにしても、保存期間を延ばすことができます。その際の注意点は、瓶を煮沸消毒してしっかり水気を切っておくことと、一度に全てを食べない時は清潔な食器を使って取り出すことです。どちらも牡蠣を傷ませないためにはとても重要。 上記二点を守って、おいしい牡蠣のオイル漬けを作ってみましょう!

牡蠣のオリーブオイル漬け

牡蠣をあらかじめゆでて、オリーブ油に漬け込んで冷やします。ほんのり醤油の風味があり日本人には馴染みやすいお味ではないでしょうか? 身が縮んでしまう前に熱湯から取りだし、プリプリの食感をオイルに閉じ込めた絶品レシピです。前菜に、おつまみに、用途がいっぱいの便利保存食ですね。

牡蠣は保存して便利♪

たくさんの牡蠣をしっかりおいしく堪能したいなら、賢く冷蔵、冷凍保存をしましょう。ただしく保存をすれば、ある程度鮮度を保ったまま長持ちさせることができます。 もっとおいしく、冬の味覚「牡蠣」を楽しんでみてはいかがでしょうか?
▼牡蠣を使ったレシピはこちら♪
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS