ピーチリキュールってどんなお酒?基礎知識&おすすめカクテルも伝授!

お酒が弱い方でも飲めるカクテルとして人気なピーチリキュール。この記事ではピーチリキュールの種類や度数についてご紹介します。ウーロン茶やオレンジジュースで割るおなじみのカクテルから、少し変わったアレンジカクテルレシピなども名前と共に伝授。ぜひチェックしてみてくださいね。

2019年3月10日 更新

甘くて飲みやすいピーチリキュール

ピーチリキュールで作ったカクテルは、バーはもちろん居酒屋でも目にすることが多いお酒。フルーティーな甘みと桃の風味が魅力で、お酒が苦手な人でも飲みやすいリキュールですよね。

実はこのピーチリキュールを使えば、簡単においしいカクテルが作れるので、家飲みにもピッタリなんです。まさに「一家に一本!」なリキュール。今回はピーチリキュールの使い方や保存方法、メーカーによる違いなどもお教えします。

ピーチリキュールってどんなお酒?

スピリッツと呼ばれる、アルコール度数の高いお酒に桃を漬け込み桃のエキスを溶け込ませることで、桃の甘みや風味をつけます。そのあと桃のスピリッツを蒸留し、糖分を加えて甘みをつけたものがピーチリキュールです。

カクテルに使うもの=リキュールというイメージがあるかもしれませんが、酒税法上果実酒や日本酒でつけたものもリキュールに分類されています。

アルコール度数は?

アルコール度数は低いもので15%、高いものだと20%を超えます。桃の果実を使用した、あらごしのネクタータイプだと5~8%ほどのアルコール度数の低いものもあります。飲みすぎには注意をしてくださいね。

ピーチリキュールの飲み方は?

ピーチリキュールは甘みが強いお酒で、糖分もあるせいか少しとろみがあります。そのためジュースや炭酸水、烏龍茶などで割ることが多いお酒です。もちろんロックスタイルで飲むこともできますよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう