ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

保存の前に!まずはメロンを完熟させよう

贈り物としていただいたり、ちょっと贅沢をしたい日に買ってきたりするメロン。実はメロンは、出荷時期と食べごろの時期が一致しないことがほとんどなんです。 熟していないメロンは硬いうえに甘さもないため、食べてもおいしくありません。けれども、熟し過ぎたメロンも発酵し過ぎておいしくなくなってしまいます。メロンは正しく保存しながら追熟をすすめ、食べごろになるのを待っていただくのが一番おいしいんですよ。

メロンの保存場所は?

メロンは風通しがよく、直射日光の当たらない冷暗所で保存します。追熟させる場合は、20~25℃の範囲がよいとされています。25℃を超えてしまうような夏の暑い時期も、エアコンの風が直接当たる場所に置くのはよくありません。

冷蔵庫はNG!

「では冷蔵庫なら?」と思われるかもしれませんが、メロンは冷蔵庫に入れると追熟が止まってしまうのです。 しかも一度冷やしてしまうと、外に出しても追熟が進まなくなってしまいます。しっかり熟してから冷蔵庫に入れるようにしましょう。食べる2~3時間前にポリ袋に入れて冷やすとおいしく食べられます。

メロンの完熟の見極めは?

完熟の目安は、「香り、ツル、弾力」。以下の3つがポイントになります。 ・甘い香りが強くなってくる ・メロンのツルがしなびてくる ・メロンのお尻の中心にあるおへそがやわらかくなってくる 採れたてのメロンは、お尻の中心にあるおへそが硬くなっています。メロンは追熟が進むと、お尻がやわらかくなってくるので、おへそが軽くへこむくらいが食べごろです。 やわらかいメロンが好みの方は、おへそ周囲がやわらかくなって来る頃がよいといわれていますが、追熟しすぎはよくないので、様子を見るようにしてくださいね。詳しくは以下の記事を参照してみてください。

メロンの保存期間は?

メロンの保存期間は、収穫してから7~10日程度といわれています。メロンを購入した際や手元に届いた際は、念のためメロンの香りとお尻のおへそをチェックしてみましょう。 メロンによっては収穫日が記されたシールが貼られていたり、チラシが入っていたりするので忘れずにチェックを!メロンの食べごろは2〜3日と短いため、一番おいしい時期を見極めていただきましょう。

メロンが食べきれない!というときは

ここでは「大きなメロンを一度に食べるのは難しい」というときの保存方法をご紹介します。切り分けたメロンの保存方法には冷蔵保存冷凍保存の方法があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS