すりおろしてもスライスでも!じゃがいもチヂミのカリもちレシピ12選

韓国料理で人気の「チヂミ」。小麦粉の代わりにじゃがいもを入れて作ると、カリッ!もちっ♪とした食感になるんです。パパのおつまみやお子さんのおやつにぴったりなチヂミは、コスト面でも優秀。短時間で作れるので、あとひと品ほしい時に便利ですよ。

2018年11月1日 更新

12. じゃがいもと春菊のカリもちチヂミ

千切りのじゃがいもに冬が旬の春菊などを入れたチヂミのレシピです。春菊独特の香りやほろ苦さがもっちりしたチヂミと良く合います。お酒のおつまみにも良さそうですね。粉は少なめで、野菜が多いかな?と思うぐらいがちょうど良いバランス。 きつね色になったらアツアツをいただきましょう。

この食感、ハマっちゃうかも♪

チヂミの生地にじゃがいもを入れると、今までとはまったく違った食感を楽しめます。じゃがいもでもっちり感が出るなんて知らなかった!と驚くほどのおいしさ。一度この食感を味わったら、じゃがいもなしでは作れないかも知れませんね。 すりおろしても千切りでもカリもちに仕上がりますから、合わせる具材やお好みでアレンジしてみてはいかがでしょうか?
▼チヂミと一緒にいかがですか?

特集

FEATURE CONTENTS