カット、型抜き、絞り出し…いろいろなクッキーの種類と作り方総まとめ!

手づくりお菓子の中でも人気があり、国や地域によっても様々なバリエーションのあるクッキーの種類を、絞り出し、型抜き、手や道具で成形、といった作り方別にまとめました。お好みのクッキーを探しながら、おやつやプレゼントに作ってみてくださいね。

2018年12月3日 更新

5. アイシングクッキー

見た目がとってもかわいいアイシングクッキーはプレゼントに最適。粉砂糖に卵白を加えて練ったアイシングに色を付けて、クッキーに絵やメッセージなどを入れます。誕生日やイベントなどに作って、想いをクッキーに込めてみてもいいですね。贈る側ももらう側も楽しいクッキーです。

手や道具で成形するクッキー

抜き型がなくても作ることのできるクッキーで、1つずつ手や道具を使って成形して焼成します。大きさはひとつひとつに差が出やすいですが、なるべく厚みを均一にすると、火が全体に入って焼きムラができたり、一部分だけ焦げてしまうことはなくなりますよ。

1. スノーボール

スノーボールはフランス語ではブールドネージュと呼ばれ、卵を使わずにバター、砂糖、小麦粉、アーモンドパウダーで作られ、ほろほろと口の中で崩れる食感が特徴。この粉糖たっぷりのスノーボールの中は、軽いココア味でクルミがアクセントになったクッキーになっています。

2. チュイール

アーモンド・チュイールはサクサクした軽い歯ごたえとアーモンドが香ばしいクッキー。チュイールとはフランス語で瓦のことで、生地をスプーンで薄く広げてオーブンで焼き、めん棒に乗せてカーブをつけて作ります。焼きあがった柔らかい状態でめん棒にのせると、カーブをきれいに付けることができますよ。

3. アマレッティ

マカロンの原型と言われるアマレッティは、アーモンドの香りが口いっぱいに広がる、北イタリアの伝統菓子です。本来はアマレット(アーモンドのお酒)を入れて作りますが、他のお酒を使ったり、お酒が苦手ならバニラオイルなどで風味づけするなど、お好みでアレンジしてみて。卵白やアーモンドプードルが余った時に作ってみるのもいいですよ。

4. クロッカン

クロッカンとはフランス語で「カリカリした」という意味で、くるみやアーモンドを合わせたものがポピュラーです。くるみやアーモンドは粗く刻んでカリカリッっとした食感を出すとおいしいですよ。

特集

FEATURE CONTENTS