5. メレンゲクッキー

サクサクした軽い歯触りとしゅわっととろける口どけのメレンゲクッキー。卵白と砂糖だけを使ってメレンゲを作り、絞り出して焼いています。生地をスプーンで落とすだけでもできますよ。低温でじっくり乾燥させるように焼くのがポイント。卵白が余った時などに作ってみるのもいいですね。そのままでも、フルーツやアイスに添えても◎

型抜きクッキー

粉に対してバターが少なめで扱いやすい生地なので、成形しやすく型によって形を変えることができます。作りやすいため、初心者の方におすすめのクッキーになります。他のクッキーよりもバターの割合が少ないので、固めの食感に仕上がります。生地を作ったら1時間は寝かせ、均一に伸ばすことがポイントです。

1. ステンドグラスクッキー

ステンドグラスクッキーとは、クッキーに穴をあけ砂糖や砕いた飴を入れて焼いたクッキーのこと。溶けた飴がガラスのようにキラキラ光って、とってもキュート。いろんな飴の色を使って、カラフルに作ってみて。カリッとした歯ごたえもこのクッキーの魅力です。

2. ジンジャークッキー

しょうがを入れたクッキーで、人の形に焼き上げることが多いジンジャーブレッドマンは、クリスマスの飾りつけにも使われています。このレシピはジンジャーマンがナッツをハグしているようなかわいらしい形。ツリーに飾る場合は、型抜きする時に穴をあけましょう。

3. ガレット・ブルトンヌ

ガレットブルトンヌはバターをたっぷり使い、少し塩を入れた厚焼きのクッキーで、バターと塩の産地であるフランスのブルターニュ地方の代表的なクッキーになります。バターの風味とホロホロと崩れる生地は、塩が効いていて食べると止まらなくなるおいしさです。

4. ジャムサンドクッキー

型抜きクッキーを使ってジャムをサンドしたクッキーは、簡単に作れる割に見た目が華やかなので、プレゼントにもぴったり。ジャムはお好みのものを使えばOKで、ラズベリージャムなどを使えば色がはっきり出て映えますよ。

編集部のおすすめ