カット、型抜き、絞り出し…いろいろなクッキーの種類と作り方総まとめ!

手づくりお菓子の中でも人気があり、国や地域によっても様々なバリエーションのあるクッキーの種類を、絞り出し、型抜き、手や道具で成形、といった作り方別にまとめました。お好みのクッキーを探しながら、おやつやプレゼントに作ってみてくださいね。

作り方別!クッキーの種類一覧

手作りスイーツの中でも特に人気があって定番のクッキー。ひと口に「クッキー」と言っても色んな種類があり、国や地方によっても違いバリエーションはさまざまなんです。そんなクッキーの主な種類を、絞り出しクッキー、型抜きクッキー、手や道具を使って成形するクッキー、カットして作るクッキーなど、作り方別に一覧にしてレシピをまとめてみました。

みなさんのお好きなクッキーはどれでしょうか?クッキーをよく手作りされる方もあまり手作りしない方も、作ったことのない種類に挑戦してみてくださいね。

絞り出しクッキー

卵やバターの量が多くて柔らかい生地のため、口金を付けた絞り袋に入れて、絞り出して焼成します。できあがった生地を冷やしたり寝かしたりする必要がないので、時間をかけずに作ることができます。軽くてサクサクした食感で、立体的なクッキーを作ることができ、見た目よりも作りやすいクッキーのひとつです。同じ生地でも口金や絞り方を変えると、呼び名が変わるものもありますよ。

1. ドレッセ・バニーユ

ドレッセ・バニーユとは、バニラ風味の絞り出しクッキーのこと。薄焼きでほろほろと崩れる食感に、バニラの風味が香ります。お好きな形に絞り出してみてください。ココアを混ぜてドレッセ・ショコラにしたり、ナッツやチョコレートなどをトッピングしてアレンジするなど、バリエーションもさまざまです。

2. ポッシュ・ド・サブレ

バターの比率がクッキーの2倍と言われるサブレ生地を絞り出した、ポッシュ・ド・サブレです。こちらのレシピは抹茶を使っています。サクサクした食感を出すためにコーンスターチを使うことが多いですが、このレシピは片栗粉を使ってグルテンを出しにくくしていて、同様の効果があります。

3. ラング・ド・シャ

フランス語で「猫の舌」という意味のラング・ド・シャは、ザラザラとした舌触りとホロホロと溶けていくような軽い食感が特徴です。ラング・ド・シャの生地を筒状に巻いたものがシガレットで、葉巻の形を模しています。ラング・ド・シャを薄くパリッと焼くためには、低めの温度から焼くことがポイントですよ。

4. ビスキュイ

表面はさくっと、中はふわっとした軽い食感のビスキュイは優しい味わい。クリームやチョコレートなどをディップして食べるのもいいですよ。スポンジ生地としてケーキに使われることもあるビスキュイですが、中でもサヴォイアルディはイタリア(サヴォイア地方)のフィンガービスケットで、ティラミスに用いられています。

5. メレンゲクッキー

特集

SPECIAL CONTENTS