いろんな料理にぱらり♪万能「フライドオニオン」のレシピと使い方

フライドオニオンをお料理のアクセントに使って、ワンランク上の味わいにチャレンジしてみませんか?フライドオニオンは油で揚げるだけなので簡単に作れるし、便利な市販品もあります。オニオンはスパイスになるし、カリカリの食感が楽しいですね。

フライドオニオンをご家庭で

玉ねぎは、和洋中華などジャンルを問わずに広く使われている素材です。それを油でカラリと揚げたのがフライドオニオンです。水分が抜けることでカサが減り、辛味も飛んで旨味が凝縮されます。食感はサクサクのフレークに。その活用法を詳しくご紹介!

フライドオニオンの作り方

1. 玉ねぎをスライス

スライスした玉ねぎ

Photo by shucyan

玉ねぎをスライスしたら、重なっている層を手でバラシてほぐします。ペーパーナプキンで余分な水分を拭き取り、電子レンジで1分間加熱して更に水分を飛ばします。揚げると水分が抜けて縮みますので、この程度の切り幅でOKですよ。

2. 小麦粉をまぶします

玉ねぎに小麦粉をまぶした写真

Photo by shucyan

ボウルに移して小麦粉を加えて、全体にムラのないように混ぜ合わせます。これで素揚げよりも揚げた時にカリッとした食感になるんです。

3. 熱した油に投入!

油で揚げる写真

Photo by shucyan

最初は強火で、水分を飛ばしてゆきます。フライドオニオンは言うまでもなく、炒めるのではなく「揚げる」お料理です。弱火でかき混ぜていると、カレーに使うようなペースト状になってしまうので気を付けましょう。

4. ムラなくかき混ぜます。

玉ねぎを揚げている写真

Photo by shucyan

ほんのり色付いて来たら焦げないように中火に落として、全体をかき混ぜながら、水分が飛んでカラリとした触感になるまで加熱します。油が少ないと感じたら焦げやすくなるので、途中で足してください。なるべく色ムラの無いように裏表を返しながら、かき回してください。

5. やや早めに火を止めます。

フライドオニオンの完成図

Photo by shucyan

余熱で更に色が変化するので、完成イメージよりやや早めに火を止めて、バットに広げましょう。バットの底にペーパーナプキンを敷いておくと後処理が楽ですよ。残った油は、玉ねぎのスパイシーな風味が移っているので、捨てずに揚げ物や炒め物などに早めに再利用しましょう。

作るときのコツ

ライドオニオン作りのポイントは、水分を上手に抜くことがサックリと仕上げるポイントです。最初にスライスしたら、ペーパーナプキンで水分を拭き取る。小麦粉を絡めるのは食感だけでなく、水分を抜く効果があります。油を加熱したら最初は強火の高温で水分を飛ばします。

フライドオニオンのサラダレシピ3選

1. フライドオニオン入りポテトサラダ

特集

SPECIAL CONTENTS