12. クリームチーズと生ハムの春のバゲットサンド

「菜の花」と「桜の花」を使った、女性らしい一品です。生ハム、クリームチーズを使っています。ポイントは、桜の花をハチミツ漬けにしていることです。チーズはハチミツとの相性抜群です。桜の香りと菜の花の苦み、生ハムの塩気で上品なマリアージュが楽しめます。

13. スクランブルエッグのバゲットサンド

写真の右側をご紹介します。スクランブルエッグをサンドした、玉子サンドです。卵はアレンジ次第でパーティーも華やかにしてくれます。こちらのレシピのポイントは「赤カブの甘酢漬け」を入れることです。優しい甘さのスクランブルエッグに、ほどよい酸味がよく合います。彩りもきれいになるので、サンド系に重宝しそう。

14. バゲットのオープンサンド

ブルスケッタやオープンサンドのように、スライスしたバゲットにお好きな食材を乗せてもお洒落ですよね。一口サイズで、女子会にも喜ばれる一品です。バゲットはあらかじめ軽く焼いておくと、パリッとするだけでなく香りも立ってより一層美味しくなります。

15. しいたけと生ハムのオープンサンド

こちらも、オープンサンドです。「しいたけ」と「生ハム」という珍しい組み合わせがホムパでも目を引きますね。焼いたしいたけは旨味がギュッと凝縮されてとてもジューシー。香り高く、生ハムとの相性もバッチリです。それぞれの旨味だけで十分美味しいので、味付けはシンプルに塩コショウのみです。

バゲットサンドでおうちカフェ

いかがでしたか?冷蔵庫にある食材で簡単に作れてしまうものもたくさんありましたね。日本では考えられない具材が入った、海外のサンドイッチもまだまだたくさんありそうです。バゲットが手に入ったら、ぜひ作ってみてくださいね。 見た目がとてもお洒落に仕上がるので、カフェにきたような気分が味わえちゃいますね。お友達を招いてホムパでおもてなしをしたり、バスケットに詰めてピクニックに持って行ったり、色々な場面で活躍しそうなバゲットサンドをご紹介しました。
▼おいしいサンドイッチランチしよう!おすすめのレシピはこちらから
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS