室内でもできる「干し芋」の作り方!お芋選びのコツとは?

今回は天日干しで作る干し芋の作り方や、炊飯器やレンジを活用して室内で作る方法までご紹介。干し芋を作る時には、おすすめのお芋の種類もあるんです。より甘みを引き出すためのコツをチェックして、おいしい干し芋を自宅で作ってみましょう!

干し芋にしたいお芋を選ぼう

かごに入った干し芋

Photo by lanne_mm

干し芋を作る時は、甘みが強く、蒸したときに柔らかくねっとりしているさつまいもがおすすめです。「紅あずま」「安納芋」など、蜜芋と言われる品種は、ねっとりとした食感が特徴なのでぴったり。

生産の9割以上を占める干し芋の本場、茨城県では、「玉豊」「いずみ」「玉乙女」という品種がよく使われているそうですよ。

炊飯器で簡単◎「干し芋」の作り方

お皿に盛られた干し芋

Photo by lanne_mm

時間はかかりますが、蒸したり天日干ししたりするときはそのまま放置してよいので、意外と簡単に作れます。おうちで手作りすると無添加なので、安心してお子さんにも食べてもらえますね。

今回は、甘みがしっかりした「紅はるか」という品種を使いました。いろいろな種類のさつまいもで試して、お好みの干し芋を作ってくださいね。

材料(作りやすい分量)

干し芋の材料

Photo by lanne_mm

・さつまいも    中3本くらい

作り方

1. さつまいもを蒸す

炊飯器にさつまいもを入れた様子

Photo by lanne_mm

炊飯釜によく洗ったさつまいもを入れ、水を3合くらいまで入れ、炊飯スイッチを押すだけでOK!玄米コースがあるときは、玄米コースがおすすめです。もちろん、蒸し器で蒸してもいいですよ。

2. 蒸し上がりを確認する

蒸しあがったさつまいも

Photo by lanne_mm

炊飯が終わったら、さつまいもに竹串をさします。スッと軽く通ったら蒸し上がりです。まだ蒸しあがっていない時は、追加炊飯をして5分おきくらいに様子をみてください。今回は、全部で2時間ほどかかりました。

3. さつまいもの皮をむく

さつまいもの皮を剥いている様子

Photo by lanne_mm

熱いうちに皮をむきます。キッチンペーパーで包みながら、つまようじなどを使ってむきましょう。熱いので、ヤケドに注意。そぐように少し厚めにむくと、色が黒っぽくならずきれいに仕上がります。

4. さつまいもを切る

カットされたさつまいも

Photo by lanne_mm

少し冷めたら、さつまいもを7mm~1cmくらいの厚さに縦に薄く切ります。長いときは、半分に切りましょう。スティックに切ったり、少し小さめに切ったりと、お好みの大きさでOKです。

5. 干しあみに並べる

特集

SPECIAL CONTENTS