名脇役になるのは誰だ!「カニ鍋」のおすすめ具材まとめ【味付け別】

カニをいただいたらどういただきますか?いろいろおいしい食べ方がありますが、中でも特に人気なのがカニ鍋ではないでしょうか。今回はそんなカニ鍋のおすすめの材料、具材を味別にたっぷりと紹介したいと思います。

カニ鍋におすすめの具材を総まとめ!

寒い時期はもちろん、暑い時期でも、いつでも食べたくなるのが鍋。ひとり鍋だったり、みんなでわいわい食べたり、家族で食べたり……楽しみ方は人それぞれだと思います。そして食べ方以上に楽しみ方がたくさんあるのが、鍋の種類ではないでしょうか。たれを変えたり、具材をちょこっと変えるだけでまるで全然違った鍋を楽しむことができます。

今回はそんな中でも、贅沢にカニを使ったカニ鍋について詳しく紹介したいと思います。

カニ鍋の具材を選ぶポイント

カニ鍋をするときは、一緒にいれる具材を選ぶポイントがいくつかあります。カニ鍋の主役はあくまで「カニ」。カニは出汁が出たり、風味がとても良いです。その味や風味を損なわない、淡白な味わいの食材を選ぶことをおすすめします。

そんなカニ鍋、味付け別に、おすすめの具材を見ていきましょう!

【醤油】カニ鍋におすすめの具材5選

カニ鍋の味付けで代表的なのが、もっともポピュラーな醤油味のカニ鍋ではないでしょうか。主張が強すぎず、カニの味を存分に引き立ててくれます。

そんな醤油味のカニ鍋におすすめの具材にはどんなものがあるでしょうか。

1. 白菜

白菜は、鍋の定番の具材といっても過言ではありませんよね。みずみずしく、栄養価も高いことでも有名です。そのみずみずしさは、カニの味や風味を上手く引き立ててくれ、且優しい甘さもプラスしてくれ、カニ鍋の良さがよりわかることと思います。緑の部分、白い部分によって、硬さや甘さも違うので、使い分けてみてもいいかもしれません。

2. 豆腐

優しい口当たりとカニの旨み、ほっこりとした優しい温かさで胃腸にもとても優しいです。豆腐には、カニの亜鉛と相性の良いたんぱく質が豊富なので、相性は抜群ですよ。しっかり食べ応えもあるため、かさ増しにもぴったり。煮崩れしにくい木綿豆腐がおすすめです。

3. しらたき

鍋にはしらたきは定番ですよね。スープに滲み出たカニのうまみをたっぷりと吸ってくれるので、お鍋の序盤〜中盤あたりにいれておくのがおすすめです。ローカロリーなので、たくさん入れても罪悪感がないところもうれしいですよね。似た食材として、糸こんにゃくを入れてもOK。

4. タラ

カニとタラは魚介類同士なので、もちろん相性はばっちり!魚介類同士の中でも特にタラは、淡白な味わいなので、主張しすぎることなく、カニをあくまで主役にしてくれる優秀食材です。名脇役の役割を果たしてくれますので、優しい味わいの醤油味のカニ鍋のときは、特におすすめしたい食材のひとつです。

5. 鶏つくね

鶏つくねのおいしさはもちろん、鶏つくねがスープの味を十分に吸ってくれますので、充実したおいしさになります。醤油味がベースですと、鶏つくねの味が日本人に馴染みのある、和風の味になり、おいしくなること間違いありませんよね。

【塩】カニ鍋におすすめの具材5選

カニの出汁、味を味わえるのはもちろん、カニの風味も楽しみたいですよね。そんなカニの風味をダイレクトに味わえるのが塩味のカニ鍋です。ではそんな風味まで良い塩味のカニ鍋ですが、おすすめの具材はどういったものがあるのでしょうか。

1. ネギ

鍋には必ずといってもいいほど入っているであろうネギ。塩ベースの鍋に入れるのがおすすめです。味噌味や醤油味にももちろん入れることは可能ですが、混ざり合うというよりは、お互いの主張が強くなりすぎてしまうことがあるので、より相性のよい塩味にいれるとネギの甘味を存分に楽しめますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS