ライター : yukiuki

結婚を機に料理に目覚め、主人と三人の子供のご飯を作る日々です。美容関係の職についていたこともあり、健康と美容を意識した情報を発信したいと思っています。

プロが教える!カレイの煮付けの基本レシピ

Photo by kii

さっそく、基本の作り方をご紹介します。調味料は、醤油とみりんの2つだけ。シンプルな味付けだから、淡白な味わいのカレイをしっかりと楽しむことができますよ。 空いているスペースで、ごぼう、ねぎ、れんこん、わかめ、ほうれん草などを煮るのもおすすめです。カレイの旨味がしっかりと染み込んで、たまらないおいしさになりますよ。

材料(2人分)427.5kcal/人(※)

Photo by kii

・カレイ(切り身)……2切れ ・醤油……大さじ3杯 ・みりん……大さじ3杯 ・水……360cc

カレイの下処理

1. 卵を取り出す

Photo by kii

今回使った子持ちカレイはサイズが大きいので、身から卵を取り出します。(小さいサイズの子持ちカレイは、身につけたまま煮てもOKです。)指でやさしく押し出してあげれば、包丁を使わなくても簡単に取り出すことができますよ。

Photo by kii

皮が内側になるようにクルンと裏返しましょう。面倒な場合は、そのままでもOKです。

2. 飾り包丁を入れる

Photo by kii

カレイの煮付けは、皮が付いているほうが上になるように盛り付けます。皮のほうを上にして、身の厚い部分に飾り包丁を入れましょう。×印や一文字などの、入れやすい形で構いません。 飾り包丁には、煮たときに皮が破れてしまうことを防ぐのと、火を通りやすくする効果があります。

3. 霜降りにする

Photo by kii

80℃くらいのお湯を沸かして、カレイの身と卵を入れます。表面が白くなったら、すぐにお湯からあげてください。

4. 冷水にとって、汚れを取り除く

Photo by kii

すぐに冷水にとって、それ以上火が入ることを防ぎます。身を崩さないように、手でやさしくぬめりや汚れを取り除きます。ざるにあげたり、キッチンペーパーでふいたりして、水気をしっかりと取りましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS