つぶ貝によく似た「バイ貝」とは?下処理方法や人気レシピをチェック!

バイ貝とは、つぶ貝に似た姿をした貝類の一種。毒素があるので注意が必要ですが、しっかりと下処理をすればおいしくいただけます。具体的な下処理の方法やおすすめレシピを参考にして、上手な食べ方をチェックしましょう。未知の「バイ貝」にトライ!

巻貝の一種「バイ貝」

つぶ貝に似た姿をした巻貝の一種である「バイ貝」。日本各地の海で漁獲され、春から初夏にかけて多く出回る海の幸です。見た目にすこし難があるものの、煮付けにしたりお刺身にしたりと、さまざまな楽しみ方ができます。

今回は、バイ貝の下処理の仕方を含め基礎知識を確認してみましょう。毒素についてもチェックして、安心・安全に食べられるように勉強を!そのあとおすすめのレシピも見ていきますので、普段のおかずやおつまみの参考にしてみてくださいね。

バイ貝とは?

日本各地の海の浅いところに生息していて、元々はもっともなじみのある巻き貝として知られていました。煮付けにして食べられることが多いですが、お刺身やバター焼きにしてもおいしい食材です。

身はコリコリとした食感で、肝は磯の香りが漂い酒飲みにはたまらない味わい!貝好きなら、一度は賞味してみたい食材ですね。

バイ貝の旬

バイ貝の旬は、3~7月。一年中とれる食材ですが、とくに春から初夏の時期がおいしく、たくさん出回るようになります。日本中の海でとれ市場に出回り、さらに中国や韓国、東南アジアからの輸入品が出回ることも。

バイ貝に含まれている栄養素

バイ貝はほかの貝類と同様、高タンパクで低脂肪なのが特徴です。さらに、タウリンが豊富に含まれています。まさしくお酒のお供にぴったりで、コリコリとした食感と磯の香りを楽しみながら、楽しい時間が過ごせそうですね。

黒バイ貝と白バイ貝がある

バイ貝には白と黒があり、使われ方にも多少の違いがあります。白バイ貝はもっともポピュラーな種類で、煮付けやお刺身として食べられます。一方、黒バイ貝の方は高級品として料亭などで食される場合が多い種類です。黒バイ貝は、お刺身で食べることはできません。

つぶ貝との見分け方

バイ貝とつぶ貝、実は地域によっては混同されて市場に出回っていることも多いそう。バイ貝は貝殻の表面に凹凸が少なく、丸くなめらかで、つぶ貝は貝殻の表面に凹凸が多く、ゴツゴツしているという特徴があるので、見分ける場合の参考にしてみてください。

要注意!バイ貝の毒について

バイ貝の内臓にある「中腸腺」には、毒が含まれていることがあります。あやまって毒を体内に入れると、唇のしびれや視力低下をまねき、最悪の場合意識混濁におちいってしまうことも……。

具体的には7月から9月までの夏場の時期に毒を含む場合があるので、とくにこの時期にバイ貝を食すときは、十分に下処理をするように注意しましょう。

つぶ貝の毒にも注意

つぶ貝の「唾液腺」と呼ばれる器官にも、テトラミンという毒が含まれている場合があります。毒の被害にあわないためには、「唾液腺」をしっかりと取り除く必要があります。

テトラミンは、加熱によって除去することができないので、下処理の段階でしっかりと「唾液腺」を取ってしまいましょう。

【食べ方別】バイ貝の下処理方法

【刺身】さばき方

まずはバイ貝の貝殻を、包丁のみねの部分でたたき割ります。そのあと、身を取り出して水で殻の破片などを洗い流します。さらに、身と肝の部分を切り離しましょう。

身は2つの突起がある部分から切れ目を入れ、赤い管状の部分を取り出したら、塩でもみ洗いをしてぬめりを取ります。お好みで5mm前後の厚さにスライスしたら完成!

肝は刺身で食べられないので、塩茹で、煮付けなどにして食べましょう。

【塩茹で】茹で方

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう