12. あじの代役!さごしの甘酢キャベツ寿司

テレビの人気番組で紹介されて一躍有名になった、大分県の野津原寿司を再現したレシピです。本来はあじのにぎり寿司を甘酢漬けのキャベツで巻くのですが、このレシピではさごしを使っています。

ロールキャベツのような見た目がきれいで、インパクト抜群!酢締めして皮を炙ったさごしは、あじほど脂がのっていないものの、淡白な味わいも意外と合います。

13. 白くなるまで酢締め。さごしの酢漬け

さごしを酢で漬けただけのシンプルなレシピながら、塩をふって半日、酢に漬けて1日ほどと、しっかり手間と時間をかけています。昆布や砂糖はお好みとのことですが、うま味とまろやかさが増すので、加えるほうがさらにおいしいはず。そのまま食べても、押し寿司にしてもいいですね。

14. わさびが決め手!酢さごしのカルパッチョ

カルパッチョのレシピですが、さごしを生ではなく酢締めして使う手の込んだ料理です。アボカドやトマトをトッピングして、わさびとはちみつ入りのドレッシングをかけるのがポイント。こちらも鰆を使用していますが、全体的に味がしっかりしているので、さごしでも構いません。

さごしを使った焼き物&煮物レシピ7選

15. 春を感じる。さごしと菜の花のクリーム煮

さごしのクリーム煮を、市販のホワイトスープ用ルーを溶かしたもので作っています。さごしの切り身だけでなく、菜の花とにんじんなどが入っているので彩りがよく、見た目もきれいなひと品。春の訪れを告げる菜の花が出回りはじめたら、ぜひ旬の素材で作りたいですね。

16. バターの風味が決め手!さごしの蒸し焼き

さごしの切り身をフライパンで焼くだけの、簡単・お手軽なレシピです。皮目に焼き色をつけてひっくり返したら、フタをして蒸し焼きにすることで、ふっくらと仕上がります。最後にだし醤油とバターを加えて、全体に絡めたらできあがり。醤油の香ばしさとバターの風味がたまりません。

17. にんにく風味。さごしのカレー粉焼き

主菜にもなるさごしのムニエル風焼き物のレシピです。淡白な白身をカレー粉でスパイシーに仕上げることで、お子さんも喜んで食べてくれます。さごしの切り身は皮のほうから焼いて、しっかり焼き色をつけるのがポイント。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ