6. やさしい味。さごしのトロトロ野菜あんかけ

カリッと揚げたさごしの唐揚げに、生姜が効いたやさしい風味のあんをかけています。あんには玉ねぎやにんじん、青ねぎなどの野菜がたっぷりでボリューム満点。レシピでは鰆を使用していますが、薄口醤油ベースのあんがかかっているので、淡白なさごしでも十分においしいですよ。

7. エスニックな味わい!さごしのフリッター

インドやタイで一般的なフルーツ、タマリンドをベースにしたエスニック味のソースと、白身魚のフリッターを作るレシピです。白身ならどんな魚でもいいので、もちろんさごしでもOK!フリッターの上に揚げた赤玉ねぎと唐辛子をのせ、甘酸っぱいソースをかけていただきましょう。

生でもおいしいさごしの人気レシピ7選

8. 生姜醤油でいただく。さごしの炙り刺身

鰆だけでなく新鮮なさごしも、お刺身にするとおいしい魚です。かつおのたたきと同じように、皮目を炙ることでうま味を引き出す、さごしの炙り刺身レシピ。

皮を強火でしっかり焼いた香ばしさが、魚の生臭みを抑えてくれ、うま味の素である皮の下の脂が身に回ってさらにおいしくなります。バーナーがなければ、網にのせてガス火で炙るといいですよ。

9. 酢と昆布でうま味を凝縮!さごしの昆布締め

脂がのったさごしをさっぱりといただける、昆布締めのレシピです。塩とお酢、昆布で締めてから寝かせるので、少し時間がかかるものの、仕上がった味わいのよさは抜群。

新鮮な生のさごしが手に入ったら、ぜひその日のうちに昆布締めにしてください。お酒のおつまみにぴったりで、お刺身が苦手な人にもおすすめですよ。

10. さっぱりした味わい。さごしと大根のなます

こちらも新鮮なさごしの柵を酢締めして作る、大根なますのレシピ。さばなどの青魚で作るよりも、あっさりしていておいしいですよ。

さごしの身と千切り大根のバランスがよく、柚子が香る上品な味わいで、日本酒のおつまみやちょっとした箸休めにぴったり。お子さんのいる家庭では砂糖を加えたり、締める時間を調整してください。

11. イタリアン風お刺身!さごしのカルパッチョ

生で食べられるさごしがあれば、カルパッチョ風に調理してもおいしくいただけます。お皿に並べた切り身に、オリーブオイルと塩胡椒をかけて冷蔵庫で寝かせるだけです。

1時間ほどたったらワインビネガーを回しかけ、バルサミコ酢を少しかければ完成。やわらかくてクリーミーな身がクセになる味わいです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ